Life in Bloom

カナダ在住、おうちごはん率の高い日韓夫婦です。

韓国人義母&義父W入院、そして義父の隔離措置

韓国釜山の義実家シリーズです。

前回、韓国人夫が義母の発言にいじけたというところで終わっていたと思うんですが、また連絡を取るようにしてもらっています。

「連絡を取らないままでいいの?お義母さんたちに何かあったら一生後悔するんじゃないの?」夫はこの言葉によって連絡を取ってくれました。本人はまだやや嫌々のようですが、義両親ともに古希を迎えたので何があってもおかしくない歳だと本人も思っているようです。

で、釜山の義実家ですが、その何かがありました。

f:id:livingcanada:20200903112235j:plain

義母入院

 お義母さんですが、10日ほど消化ができなくなってしまい数日間の入院をしたそうです。

腰が痛い以外は歳のわりに元気なお義母さん。心配性なのでたまに心配しすぎて胸が痛むことはあるようですが、入院というのは少なくともこの10年で初めてです。

原因は多分小麦粉の食べ過ぎ?であるようで。

はっきりと言ってくれないんですよね。恥ずかしいのかしらん。彼女はもったいない病なので想像がつくといえばつくんですが・・・。

釜山にいた頃、大量に残ったクリスピークリームのドーナッツ(箱)を何日経ってもお義母さんは一人で食べ続けていたんですよ。「身体に良いものではないから無理して食べないでくださいね」と言っても「もったいないから・・」と。

お義母さん、大量消費の時代にその気持ちは素晴らしいけれど、お体大切にしてくださいよ。

今は元気になったようで何よりです。

義父検査入院

 公社を退職後、今はタクシードライバーをしているお義父さん。その彼ですが、勤務中に後継車から追突されてしまったそうです。

幸いなことに怪我はありませんでした。お義父さんの車は完全停止していたとのことで判定が100:0になったそうですが、三日間漢方医院に検査も兼ねて入院したそうです。

漢方医院ということで鍼をしたりして過ごしたそうで、その入院費は相手側の保険で下りるそうです。さらに給料保証として、1日当たり約3万円✖️数日分の補償費が出た(/出る)とのこと。

タクシーの会社と相手の保険会社がやりとりしたそうなので詳しい話は私には分かりませんが、それにしても1日3万円も補償が出るだなんて驚いてしまいました。

すると金額に驚く私に夫が一言。

韓国夫「『タクシーにだけはぶつけるな』って言わないの?」

・・・韓国で運転する機会のある方はタクシーにお気をつけください。

いやぁ、でも、ホント、無事で良かったです。

義父隔離措置

 タクシー運転手をしているお義父さん。

ある日、突然保健局(だったかな?)から電話が来たそうです。

『数日前、○○さんを乗せましたね?○○さんにコロナで陽性検査が出たのであなたもすぐに検査してください』

お義父さんは即検査に行き結果は陰性だったそうですが、その後二週間の自宅隔離措置となりました。

で、そのことをお義父さんはお義母さんにはっきりと言わないんですよね。

「誰も家に入れないで」とだけ言って、食事を取ったりして触ったたものは徹底的に消毒。部屋の中でもマスクをしてお義母さんとはソーシャルディスタンス(お義父さんの部屋はマスターベッドルームでバストイレ付き)を取る、、、それでピンと来ないとお義父さんの妻は務まらないのかもしれませんが、そこは言わないとだめですよね。

お義母さんに言うとなんでも心配しすぎてめんどくさいから言わなかったのでしょうけれど、さすがにそこは寡黙な釜山男児で許されることじゃないような・・・。

結果、陽性にもならず一安心。以降は乗客を一人乗せるごとに、以前にも増して徹底的に車内外を消毒しているそうです。

おわりに

 夫がいじけて義実家と連絡を取らない間に、義実家的にはちょっとしたニュースがありました。

たった2ヶ月の間に変化があったので、義両親も70歳を超えたことだし、心配かけないようにちょくちょく連絡してあげてねという話になりました。

昨晩の電話ではお義母さん「心配するから週一回は連絡して〜」

ですってよ。

ほらほら、お義母さんはなんだかんだ言いながらも息子からの連絡を待っているみたいですね。

 

前回の記事: 

www.alena-lib.com