Life in Bloom

カナダ在住、おうちごはん率の高い日韓夫婦です。

オーストラリアでのゾッとする話

夏。今回は涼しくなる話をしてみようと思います。

f:id:livingcanada:20200809142010j:plain

※なお実話ですので怖い話が苦手な方はご遠慮くださいませ。(書きながら思い出して怖くなってしまったので・・)

シェアハウス

10年ほど前、私は1年間オーストラリアに住んでいて、その際に 現在の夫となる男性と知り合いました。

当時ストーカーに悩んでいたこともあり、彼と出会ってからまだ数ヶ月だったものの、オーストラリア生活最後の期間を彼の住む家に転がり込んでいました。

そこは一軒家をシェアハウスに改造したもので、当時彼は二階の一室を部屋借りしていました。とても日当たりの良い家で、他のシェアメイトたちとの関係も良好、そういうところも良さそうだなぁと思いました。

後ろからの視線

f:id:livingcanada:20200809142130j:plain

常に誰かしら家にいたと思うので、完全に家で一人きりになることはあまりなかったと思うのですが、何かのタイミングで部屋に一人きりになると、後ろから視線を感じるということがよくありました。

しかし、後ろを振返ってみても誰もいません。

彼の住んでいた部屋は二階の玄関を入るとすぐ右手にあり、私が背中を向けていたのは玄関方面でした。気になって何度か玄関の扉を開けてみるも誰もおらず、強い日差しが目の中に飛び込んでくるのみ。気のせいかな?思い過ごしかな?なんて思いながら部屋に戻りました。

悪夢が続く

f:id:livingcanada:20200809142259j:plain

当時私はフランス系のホテルで働いていたのですが、早朝の6時からのシフトで朝のモーニングサービス担当として働くことが多かったので、早めに眠りにつく必要がありました。

少し前からなのか、もしかしたら引っ越した当初からなのは覚えていませんが、なんとなくここのところ悪夢を見ることが続いているような気がしていて、その日も暑く寝苦しい夜でした。

金縛りになる時って大体少し前からなんとなく予感はするものなのですが、その夜も悪い予感が的中して金縛りにあいました。

金縛り

 わ・・やだな・・どうしよう動かない・・・

 

気づくと 

ダースモールのような  怒った顔の白人が 

私の体にズンっと乗っかって 

首をしめようとしてきます

 

え、どうしよう 怖い

 

どうしたら良いのかわからずパニックになった私は

 

十字を斬りながら(オーストラリアなので)

”南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏”と必死に唱えます

 

すると、その白人の顔が大きくなり

バッと近づいてきて

そんなことしても無駄だ〜!!!

と すごい勢いの波動で叫びました

 

 

白人なのに日本語だし・・・なんで・・・

彼氏(夫)助けて・・・・

苦しい・・・

あまりにもリアル

どのくらい時間が経ったのかはわかりません。 すごく長い時間を過ごしたように感じましたが、もしかすると一瞬の出来事だったのかもしれません。

起きると彼が「うなされていたけど大丈夫?」と聞いてきました。

いやいや、起こしてよ!泣 めちゃくちゃ怖かった。死ぬかもしれないと思った。 と言ったことを今でも覚えています。

後日談

毎日のように続く悪夢。あんなことがあったので余計に気味が悪くなり、こんな話をしたらどう思われるかを気にしながらも、意を決して夫に色々話をしました。すると実は、夫の方も誰かがいる気がすることには気付いていたことがわかりました。

シェアメイト(ルームメイト)達は全く感じていないようでしたが、ずっと前に住んでいた人で同じようなことを言っていた人がいたと一人が言っていました。

衝撃の事実

当時住んでいたところでは家賃の支払いが週払いで、家のオーナーが毎週それぞれの家賃を集めにやってくるというシステムでした。

その時に、夫がリズ(オーナー)に聞いてくれました。

夫「この家ってもしかして幽霊とか出る?僕もだけどなんとなく気配を感じたり視線みたいなものを感じたりすることがあるんだよね。彼女も毎日のように悪夢を見てうなされているんだ。素敵な家なのに不思議でね・・・」

と、リズが一言。

「あぁ、あるかもしれないわね。この辺りは昔お墓だったそうだから・・・」

f:id:livingcanada:20200809142534p:plain

サラリと言われてしまって二人で拍子抜けしました。

残りほんの数か月で帰国する予定だったので、今さら新しいところへ引っ越そうとする気力はなく最後までそこに住みましたが、驚きとショックで気が気ではありませんでした。そしてそのまま最後の日まで悪夢にうなされ続けることになりました。

おわりに

今は思います。 土地の因縁ってあるんだなぁ・・・と。

あの土地はお墓を無理やり動かして家々を建ててしまったということでしょうか。

なんとなく違和感を感じる部屋にはやはり何かあるのかもしれません。それ以降、引っ越しの際には部屋の中を歩き回って、直感で何か違和感を感じるところはないか確認するようになりました。

方々が光の中へと旅立てますように。

 

www.alena-lib.com