Life in Bloom

カナダ在住、おうちごはん率の高い日韓夫婦です。

カボチャ粥

韓国の食べ物で私が好きなものを夫が作ってくれました。

f:id:livingcanada:20200419083401j:image

カボチャ粥(韓:hobak-juk (호박죽) 英:pumpkin porridge)です。

粥と書いていますがお米でなく餅粉で作られていて、味付けは砂糖とちょっとの塩のみ。餅粉なのでトロミがあり味はシンプル。お腹にも優しいです。

伝統的な回復食 

f:id:livingcanada:20200419083348j:image

私の中のイメージだと、韓国のカボチャ粥って整形後のむくみを取るための食べ物ってイメージでしたが、整形に限らず古くから伝統的に回復食の定番で養生に良いとされているんだそうです。

夫曰く、宮廷料理を食べに行くと出てくるみたいですよ。コース料理の最初に少量のお粥を食べる習慣があるのだそうで、夏〜初秋頃に食べに行ったら出てくるかもしれませんね。

お腹の回復にバッチリ

白玉を入れるものの方がメジャーかもしれませんが、今回は餅粉をそのまま中に溶かしてくれました。お腹の調子に憂いがあったこともあり、食欲があまりなかったので液状にしてくれたことはありがたかったです。

優しくてどこか懐かしいような味で、食べながら心身ともに癒されていくような気がします。韓国料理にもこういった優しいものもあるんですよね。刺激物の苦手な私としては、夫にはどうかそっちの道を極めていって欲しい〜。

 食欲不振や冷えに良い

f:id:livingcanada:20200419083320j:image

カボチャは漢方的な考えでも食欲不振に良いそうです。だるさや体の冷えにも良いので、クーラーで体が冷えてしまったって日にも良いんじゃないでしょうか。体を温めて胃腸の消化吸収を促してくれるので、体力をつけたい時におすすめなんだとか?

おわりに

体を冷やす夏野菜が多い中でかぼちゃは体を温めてくれる食材なので、「女は体を冷やしちゃダメだ〜」が口癖の夫が作ってくれたのは納得できる気がします。それにしても、一般人の夫がこういったことを普通に知っているって言うのも興味深いです。この口癖ってきっと義母か義姉の口癖そのままですよね。末っ子夫、良い感じに洗脳されてます。笑 女性としては気にしてもらえてありがたい限りですが・・・♪ 

夫の実家には漢方薬を調合する機械なんかもあるので、義母は韓国人の中でも好きな方なのかなとは思いますが面白いですね。