Life in Bloom

カナダ在住、おうちごはん率の高い日韓夫婦です。

ADVERTISEMENT

手作りコムタン

相変わらず引きこもり生活をしています。

歌って、軽く筋トレして、本を読んで、一応家事して・・とそんな感じの生活です。

かわり映えのないルーティーンでブログネタ切れな日々ですが、夫とコムタンを作ったのでブログ更新。

コムタンは長く食べられるので保存食枠にもなります。

牛肉の骨などを煮込む

牛肉の骨、牛すじ、分厚めの肉(良い肉でなくて良い)をひたすら煮込みます。

f:id:livingcanada:20200329140711j:image

お鍋に二つ分。

 これらをまず水に浸して数時間置き、しっかりと血抜きします。

f:id:livingcanada:20200329140727j:image

1回目の煮込みは近所からの苦情を恐れるレベルで臭いので、しっかり換気ができる日を選びます。

ありがたいことに、今回は2回目の煮込み時にはだいぶ匂いがなくなっていました。

「骨が新鮮だった(から)かなぁ?」と夫。

苦情も来なくて一安心です。

f:id:livingcanada:20200329140655j:image

この骨の状態で4回目。まだまだ中身が出るので終わりません。

結局、合計5回煮込みました。

全部のスープを混ぜて出来上がりです。

 

前回ブログに書いたコムタン:

www.alena-lib.com

番外編ーダシとして 

実は6回目も煮込みました。

さすがに色が薄くなってくるので、こちらはダシとして使います。

前日がプゴク(タラのスープ)だったのでそれと混ぜてみたところ、最初っからこうすれば良かった!と思うほどスープが美味しくなりました。

出来上がり

これは4回目の煮込みの時に食べたものなので、ソルロンタンくらいさらっとしています。

f:id:livingcanada:20200329140636j:image

 発酵が進んでカクテキも美味しくなってきたので、コムタンとの相性バッチリでした。

作ったカクテキ:

www.alena-lib.com

コスパと引きこもり生活を活かして

コムタンは体に良いものの、韓国で作るとかなりコストが高いみたいです。

カナダのうち地方では、韓国で買うよりも3分の1くらいのコストで材料が揃うようで、夫が説明したら義母がかなり驚いていました。

こういうことがあったので、この引きこもりの機会に作ってみたのでした。

おわりに

f:id:livingcanada:20200329140626j:image

初めてみた時は”材料(主に骨)”にめちゃくちゃ引いたのですが、今や抵抗がなくなりつつあり、そんな自分にもビックリです。

と言うのも、毎度とっても美味しくできるんです。

手間と時間はかかるものの、結果的に美味しくて体に良いものが食べられるので、健康生活ができるから結果オーライ、骨バンザイ、牛さんに感謝感謝です。

1回目の煮込みの強烈な匂いに立ち向かう勇気があれば、一度作ってみるのも良いかもしれません。

うち地方でコムタンを食べられるお店はありませんが、その代わりにお家で食べられて満足です♪