Life in Bloom

カナダ在住、おうちごはん率の高い日韓夫婦です。

ADVERTISEMENT

釜山の人がやっている韓国料理のお店へ行きました

あまり外食派ではなくなりましたが、喜んで出かけるご飯屋さんが町に1つだけあります。釜山の人がやっている韓国料理屋さんで、とっても美味しいんです。

今住んでいる町だと外食の選択肢が多くないんですよね。そんな中で、美味しいと評判のお店が同郷の人がやっているお店だと言うことで、釜山出身の夫にとっても嬉しいみたいです。

韓国料理といえばついてくるおかずが素敵♪

f:id:livingcanada:20200220170009j:image

韓国料理と言えば、副菜がこれでもかというほど沢山ついてくることが多いですが、中でもこのお店はおかずの種類が多いので嬉しいです。しかも、どれを取っても「料理教室を開いてもらえませんか?」とお願いしたくなるほど美味しいんですよ。

シンプルだけれど、丁寧に時間をかけて作っているのがわかるような味付けのものが多いです。

釜山ということで海の味

f:id:livingcanada:20200220170006j:image

このお店はザ・釜山料理と名を掲げているわけではないですが、釜山っぽいものということで、大抵海藻ものを一品つけてくれます。

内陸地住みなので、磯の香りは遠い記憶の片隅にしかないんですが、海の幸ってやっぱりいいですね。島国出身の私にも嬉しいことですし、夫に至っては一口食べるとしばし無言で思いを馳せる時間が出てくるほどです。胸に熱いものがこみ上げて来ているのでしょうか。

テジクッパ(豚骨や豚肉を煮込んだスープ)

f:id:livingcanada:20200220170030j:image

私が頼んだのはテジクッパ(豚骨や豚肉を煮込んだスープ)です。オキアミ?(ちっちゃい海老の塩漬け)を入れて食べます。

韓国で生まれて初めて食べた時は、ラーメンの豚骨スープ?って感想でしたが、お店によって味が全く違いますね。味の決め手は新鮮なお肉と、煮込みと、それと何より愛情ですね。

ここはアラフィフくらいの女性がお店を経営されていますが、料理と食を心から愛しているって感じの方なんですよ。料理は愛情って本当だなってシミジミと感じるのでした。

今回はキムチが出ていなかったんですが、「作ったばっかりでまだおいしくないから今日は出せないんです。ごめんなさいね」ですって。そういう時はこっそりスーパーで買って来ても誰も文句は言わないだろうに、オーナーの味のこだわりを感じます。

このお店に勝る味は、釜山でもなかなかお目にかかれないんじゃないかなって思います。

カンジャタン(豚の背骨と白菜を煮込んだ料理)

f:id:livingcanada:20200220170027j:image

夫が頼んだのはこちらカンジャタン。

カムジャタンだと思っていたのですが、ジャガイモが見えないなぁ?と思っていたら、こちらはカンジャタンと言うものだそうです。

夫曰く、カンジャは豚の背骨という意味で、肉付きの豚の背骨をシレギ(乾いた白菜とのこと)と、長ネギ・生姜・ニンニクと一緒に煮込んだスープなんだそうです。

味付けは唐辛子・コチュジャン・テンジャン・醤油・塩などで、上にたっぷりとかかっているのは、種類の違うすりつぶしたゴマとのこと。
f:id:livingcanada:20200220170020j:image

運んできてくれる時に、グツグツグツグツ音がしています。この音がちょっと引くまで待つ時間も幸せタイム。
f:id:livingcanada:20200220170015j:image

なかなかグツグツがおさまりませんでした。

「熱いから気をつけてくださいね」っと料理を運んでくれた人が韓国語で一声かけてくれました。こう言う一声って嬉しいですよね。

この写真を見てお分かりかと思いますが、↓
f:id:livingcanada:20200220170024j:image

夫のご飯の量ヤバくないですか。なぜ太らないんでしょう。

夫に聞くと「韓国料理は野菜の量も多いから♪」とのことでした。ホントかなぁ。


韓国の義母と義父はよく運動※しているので遺伝ではないような気がしますが、実に羨ましい話です。

※義父は大会で賞を取るまでになるほど卓球にのめり込んでおり、義母は週2か3回水泳教室に通っています。

おまけ

f:id:livingcanada:20200220170003j:image

「良かったら食べてください」と、賄い用に作ったというヤンニョムチキンをサービスでつけてくれました。

夫が釜山出身だということと、この土地では日韓夫婦が珍しいこともあり、ありがたいことにお店の方がいつも良くしてくれます。

残念ながらお腹いっぱいで私は食べられませんでしたが、夫は嬉しそうに平らげていました。

おわりに

夫曰く、韓国料理にしてはお値段ややお高めのようですが、うちは月に数回しか外食しないのでたまには良いかなっていうことで通っています。また、夫は韓国に住んでいた時の5年前の金銭感覚で高いと言っているだけで、実際にカナダの物価で考えると、相応もしくはややお値打ちなくらいなのかなと思います。

MSG(人工調味料)をほぼ使っていないと言うことで、物足りない味だと言う人もいるようですが、スープなどは優しく実にホッとする味で、食べながら癒されていくようなご飯です。食べた後に喉が乾かないのも良いです。

夫はここに来る度に故郷を思い出して、”また明日(/来週)からがんばろう”と気持ちを切り替えているようです。こういうお店が我が町にもあるってありがたいですね。