Life in Bloom

カナダ在住。韓国美容法や民間療法、漢方、東洋医学的な考え方が好きで実践中。韓国ネタやカナダでの生活をメインにした雑記を書いています。

旅行から帰ってきてホッとするメシ

スポンサーリンク

今回の日本旅行は私にとって棚ボタであった。

まずはうちの韓国夫の帰省が決まる。

韓国では旧暦のお盆を祝う時期で、この時期の旅行は目が飛び出るほど高額になるのだけど、カナダ→成田→韓国(釜山)とすれば意外と安く、なんなら、通常料金以下で韓国へ飛び立てることとなった。

私、、と言えば、カナダへ残る予定だったんだけど、夫がエアカナダのサイトに張り付いていたおかげで、バーゲンフライトにありつくことができた。

日本へのバーゲンフライトと言えば成田か関空行きが安くなるので、中間地点あたり出身の私は、どちらかと言うと友人の多い関西地方へ降り立つことが多く、今回もそうした。

ところで、韓国の義実家へ行くことは逃れられないと覚悟を決めていたが、日韓関係悪化の影響から「念のために、、」と言う鶴の一声で、今回は日本滞在のみを満喫することができた。

イエスっ!(うっしゃぁー!)

 

と言うわけで、楽しんだ日本滞在。

友人と北海道へ旅行にも出かけ、親日夫は”おつかい”と言う名目で数日間大阪へ遊びに来ていた。

これまた日韓関係の影響なのか、釜山からソウルへ遊びに行くよりも安く関空へ旅できたそうだ。安いと言うことで、義母も大阪へ来る気満々だったようだが、私が大阪に(内緒で)いることもあり、現在の日韓関係を理由にやんわりと断ってくれた夫。(ナイス!)

というわけで、あくまで”おつかい”な今回の彼の日本滞在。

親が渡航費等を支払ってくれた代わりに、夫は免税店で大量に頼まれた物を購入し、既にスーツケースがパンパンの状態でやって来た。

堺筋では頼まれたガンダム探しに付き合わされ、同じく頼まれた卓球ラケットを神戸まで求めに出向き、難波ではボッタクられ、案内所で道を訪ねようとしたら、夜のお店専門の所で互いに動揺するなどと言うハプニングもあったが、どこでもわりと丁寧に対応してくれるのでありがたかった。

 

そして、もちろん食い倒れ。

夫は、目に付くありとあらゆるものをイナゴのように食べ歩いた。

最後の方は、お腹がはちきれてしまうのではないかと心配になるほど腹を膨らませていたが、彼の帰りの飛行機では関空ターミナル2だったので、立ち寄りたい場所へ行けなかったことが唯一の心残りだったよう。

 

「あ”あぁーモスド行けないー!モスドー、モスド、モスドぉぉぉー、、、」

 

これが韓国帰国前の彼の最後の言葉となった。

 

(※モスド=モスバーガー+ミスド。照り焼きチキンバーガーとポンデリングを食べてから帰ることが彼の大切な儀式になっている。韓国のものは味が違うそうだ)

 

仕方ないので、代わりにモスドへは私が行っときました。

f:id:livingcanada:20190927074525j:image

 うふっ。

 

夫は一度韓国へ戻り、私は地元から来てくれた友人と大阪で引き続き遊び、その後ともにカナダへ無事帰国。

 そして現在に至る。

 

どこから書こうか迷ったけど、夫がカナダに帰ってきて一番に食べた、”ホッとするメシ”を載せてみようと思って書き始めたらこんな感じになった。

 

これが夫のホッとするメシ。

 

f:id:livingcanada:20190927065405j:image

って、韓国料理かーーいッ!!!

 

 

ですよね、ちゃー、ですよね、だけど、、、。

 

大阪でダイソーに行ってきた(カナダの私地方にはない;)ので、ダイソーの小皿とお椀、同じくダイソー産で千切り?的なものが作れるピーラーで作った大根とキャベツのサラダ。

(大根のサラダ嬉しいわぁ)

ほうれん草ともやしのナムルに、エゴマの漬物に、発酵しすぎたキムチでキムチ鍋にー、乾燥させた大根の葉っぱのお味噌汁(汁少な目がデフォルトとのこと)、そして、シーズン終わりで安くなってた蒸したコーン。

 

これらを食べて、彼は「ホーー(幸せそうな目)」っとしておりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

韓国では、夫が韓国コスメなどを買ってきてくれたので、そのうち載せていくかも。

ではでは〜