Life in Bloom

カナダ在住。韓国美容法や民間療法、漢方、東洋医学的な考え方が好きで実践中。韓国ネタやカナダでの生活をメインにした雑記を書いています。

友人を一人失った

スポンサーリンク

なんかさ、すっごい疲れちゃうことがあった。

人って環境で変わってしまうのかな。

どうしたら良かったのかわからなくって、モヤモヤしたのでブログに書いてみる。

友人がうつ病?か何かで変わってしまい、私の配慮が足りずに、結果、友人を失った話。

 

※面白い話でもなんでもなく、ただひたすらモヤモヤしているっていうオチのないネガ話なので、大丈夫な方だけでお願いします。

 

何でもできる子

数年前、カナダで出会った女の子。

彼女はワーキングホリデーという制度で来ていて、器用で何でもできる子って印象だった。

明るくて、笑顔がとっても可愛くて、カナダでやっていけるような技術も持っていた。

 

ワーホリ後日本へ帰国した彼女

そんな彼女だから、カナダに残ろうと思えば残れたかもしれなかったけど、ビザって、運とかタイミングもあるもので、、

色々なことが重なって、1年間のワーキングホリデー終了後、そのまま日本へ帰ることになった。

 

カナダへ戻りたい 

日本に帰国してからも、彼女はカナダに戻りたがっていた。

というか、カナダにいた頃はそろそろ日本に帰りたいかな??って思っていたようだけど、いざ帰ってみると、日本は生きづらい世の中に変わりつつあると感じたそうで、以降、カナダに戻りたいって話をよく言うようになった。

 

 私は彼女のことが好きだったし、応援したかったし、カナダに戻ってきてくれたら嬉しいって思ってたから、ビザの情報を調べて送ってみたり、移民局系のニュースが流れてきたら都度伝えるようにしていた。

 

なんてったって手に職があるので、どうにかなりそうな気がするものだ。 

 

私にできることなんて大したことはないけれど、それでも少しでもお手伝いできたら嬉しいなって。

 

 

彼女はだんだんと変わってきてしまった

でも、彼女はだんだんと変わってきてしまった。

 

忙しい日本社会の中で、彼女は職を転々とし、押し潰されそうになっていった。

今までの業界の常識や雰囲気とは違いすぎて、圧倒されてしまったのかもしれないし、無理して頑張りすぎちゃったのかもしれない。

未経験業界への挑戦の数々と、人との関わりからくるストレスのせいだろうか。

彼女はここ数年で大きく変わってしまったようだ。

 

もしかしたら、あまり変わらない私が幼いのかもしれないし、知らない間に変わっていったのは実は私の方だったのかもしれないけれど、、、

 

少しずつ話が合わなくなってきた。

 

何かにすがりたい。彼女がすがった先は・・・

仕事に疲れた時、人生に疲れた時、

なにかにすがりたくなる気持ちはすごいわかる。

 

海外生活がなかなかうまくいかなくて、

精神世界に興味をもったり、仏教の教えとかについて調べまくって、

どうにか心の拠り所を見つけようとした時もあったから。

クリスチャンの友人のお誘いで、教会に行ってみたこともあったし。

 

結局、私には『相田みつを』の詩が一番響くし、

歌でも歌って、少し運動して、お酒を飲めば、

また頑張ろう!って思いなおせるなって結論になったけど、

 

彼女の場合は 日本で『ヨガ』にハマった。

f:id:livingcanada:20190718132407p:plain


 

普通でないヨガ・・?

f:id:livingcanada:20190718132431p:plain

ヨガって健康そうなイメージがあって、どちらかと言うとポジティブな印象だけど、彼女の場合、なんかちょっとちがう怪しい系のヨガ世界?にハマっていったみたい。

 

彼女は何でもヨガの話と絡めて言うけれど、何を聞いても理解も納得も全く出来ないような壮大な話になってしまう。 

 

少しずつ 彼女のいうことがおかしくなってきた。 

f:id:livingcanada:20190718134731p:plain


 

欝気味?というかいつも怒り気味

もしかしたら、彼女はちょっとうつ気味なのかもしれない。

そう思ったので、うつについて調べてみたり、周りの友人に聞いてみたりするも、書かれているような定義だとか言われるような例と、彼女のそれはちょっと違うように感じる。

 

つらいとか、もうだめだとか、そういうことを言うわけではないし、だからといって、強がっているような感じでもない。

 

彼女は、何かにいつも怒っている。

 

それは日本の社会だったり、システムだったり、人々の感情だったり、あるいはどうにもならない自然の摂理についてだったり。

 

上手く言えないけれど、彼女はあらゆることを容赦なく否定しまくるといった感じ。

 

怒りを伝えてくる彼女

彼女は、それらからくる感情を私のLINE宛に送ってくるようになった・・・。

 

だんだんとLINEでの口調が冗談で返してはいけないようなトーンに変わってきたので、真面目に返すようになってきたけれど、近頃はそれにしても入ってくるメッセージが一方的。

最近では、彼女から届いたLINEを開くのをためらってしまうほどになってきた。

でも、だからといって、無視もできない。

 

もとの彼女に戻って欲しい

以前はそんなんじゃなかったし、楽しい思い出があったから、今の彼女の置かれている環境が良いものでなくても、少しでも気が紛れたら良いなぁと思いながら、元気になってほしくって、メッセージをポジティブ目に返してたんだ。

でも、精神バランスが崩れかかっているような彼女には、そういう対応も良くなかったのかもしれない。

 

良かれと思って・・

良かれと思って・・・というのは、結局自己満足なのかなぁ。

カウンセラーじゃないから、LINEメッセージの文章上だけで相手の心を癒やすみたいなことはうまくできない。

 

どうにか明るい話題に持っていこうとすることも最近はできなくなって、残されたのは彼女に「同調する」か「相槌をうつ」ことのみ。

 

彼女からのLINEがキツイ

相変わらず、彼女から何かについて否定的な文章が延々と、しかも時間を問わずいきなり入ってくる。

何に対しても物事を悪く捉えてしまうようだ。

 

人にあまり言えない悩みやグチを一緒に共有できたりするのは、友達として嬉しく思うけど、毎回一方的にっていうのはだんだん苦しくなってきた。

 

彼女の悩みを解決へ導けないようだし、同調して寄り添うこともうまくはできない。

 

謝罪の結果

悩んだ結果、”なんか、お役に立てなくてごめんね。”って送ってみたところ、

その”ごめんね”という単語で火がついてしまったようで、

”○○ちゃんに謝ってほしいことがある”彼女からLINEが来た。

 

一昨年前の出来事について

彼女曰く、北米の大学で某学部に進学したいと話をした際に、私に否定されたというのだ。 

確かに、その時私はあまり良いことを言わなかった。

特殊な専攻なことと彼女の精神状態もあり、もしうまくいかなかったときに、今の彼女では立ち直れないかもしれないと思ったから。

7歳のときに移民してきた人(ほぼネイティブ)をはじめ、

挑戦する人は結構いるものの、

あまり成功例を聞いたことがない分野だったので、

『なかなか難しいかもね・・・私の周りでも・・・』みたいなことを言ってしまったことが彼女を非常に傷つけてしまったようだ。

その後に、『でも、難しくても無理ってことはないと思うから、少しずつ目指していけたらいいね。その仕事に就けたら素敵だよね。』みたいなことを言ったとは思うけど、そんなことは彼女の耳に届いていなかった。

 

それが一昨年前の出来事で、

彼女はその時のことを謝ってほしいと昨日LINEで伝えてきた。

 

沢山の批判的な言葉とともに。

 

 

送られてきた文章を読んで、腕が震え、脈が波打っているような緊張が走った。

 

 

もっと早く距離を置くべきだったのかな

考え方や口調が変わりつつあると感じ始めた時から、少しずつ距離を置きはじめるべきだったのかもしれない。

だけど、そんな彼女からすでに友人は離れていっているだろうしねぇ。

SNSで変な発言をするようになって、周りがひいているのを痛いほど感じたことが何度かある。

でも、誰にだって落ち込んだり、うまくいかなくて自暴自棄になる時期はあるから、、

そう考えると、彼女を見放したくないって思ってた。

 

私なりに、どうにか彼女が立ち直ってくれたら、少しでも元気が出たら、前向きになれたらって思ってきた。

でも、私なりに・・っていうのは、結局自己満足に過ぎなかったみたい。

 

謝罪の言葉

『ごめんね』って言葉を文章とともに4回書いた。

 

最近の彼女は電話を嫌がるので、あくまでLINE文書上でのやりとりだけで。

 

彼女は『いいんだよ』と書きながら、さらに批判的かつ否定的な言葉をいくつも並べてきた。

 

 

彼女は私の知っている彼女ではない。

連絡をとることはもうやめようと思った。

 

でも、中途半端に返信を止めたら、無視されたと捉えられそうで、今の彼女にはできないかなって思ったので、

 

最後に、これが最後だと思いながら、

もう一度『謝ります。ごめんなさい。本当にごめんね。』

書いて送ったところ、

 

『感情をそのまま出してくれてありがとうねー』と、捨て台詞ともとれる返信が来た。

 

どのあたりが感情的な対応だと捉えられたのかはわからないけど、かなり動揺してしまい、『ううん。役に立てなくてごめん』と、震える手で同じセリフを打つのが精一杯だった。

 

ここで彼女とのLINEでのやりとりは終わった。

 

おわりに

冗談を言い合って、一緒に沢山笑った彼女はもういなかった。

このことを書くか悩んだ。

文章ではうまく伝えられないし、私の実際の対応がどうだったのか一昨年前のことだから鮮明には覚えていないし、彼女がそう捉えたんだから、私の伝え方がやっぱり悪かったんだと思う。

だけど、モヤモヤした気持ちがなかなか収まらなくて、どうしたらいいかわからなくて、結局ブログに書いてみることにした。

ブログってのはセルフヒーリング?的な効果がある気がするのだ。

 

LINEブロックはさすがにできないけれど、それでもブロックしようかな・・っとはじめて思ってしまう出来事だった。

 

友人を一人失った。

 

悲しい。

 

でも、楽しいこともあるし、なかなか会えなくても大切な友達もいるから、数日は落ち込むかもしれないけど、その後はまた前を向いていきたい。

 

彼女には幸せになってほしい。

 

 

最後まで読んでくれた方、ありがとう。とくにオチのない話でごめんね。次回は全然関係ない話を書きます。なるべく明るめで☆