Life in Bloom

英語赤点組だった私がカナダで永住権を取得(PNP)。Life in Bloom(人生真っ盛り)という意識で生活するカナダ生活と在住歴のある韓国話をお届けします。

最近のおうちごはん(ほぼ韓国料理)

スポンサーリンク

今回は息抜きブログ。

最近のおうちごはんの中から、写真を撮ったものを載せてみます。

インスタに載せるとブログにも載せやすいってわかったので、たまに載せるようになったのさ。って、全然大したものでないので期待はしないでねん。

 

まずはこれ、トッポギ。

夫は釜山出身なので、トッポギの中におでん(魚のすり身のはんぺん)が入っていて、チャプチェ巻と一緒に食べるの。

私がチーズラブなので、チーズたーーーっぷり。

https://www.instagram.com/p/BpLtEkSnRas/

#spicy #koreanfood night! #tteokbokki #busan #koreanfood #busanfood #yammy #oden #japche by my lovely #Korean husband😻🇰🇷 #トッポギ は #辛い けど 泣きながらでも食べる😊 #美味しい 😝

昆布と大根と、アミよりは大きいエビ(名前わからない)と、少し大きめのイワシでダシを取っているので、こうみえてMSGを使っていないのがミソ。砂糖の代わりにオリゴ糖を使っていて、これがやさしい甘さを引き出すみたいで、もう病みつきになるくらい美味しいの。辛いのが苦手だから、涙が自動的に出ながらも、それでも「また作って~」ってお願いしたくなっちゃう味。トッポギは小麦粉でなく、餅粉でできたやつのほうがやっぱ美味しいよ。

カロリーが相当高いので、食べた後はフリパラかなんかできちんと消化しないといけないけれど、今書いてても思い出して食べたくなってきた。よし、今夜またリクエストしよっと。

 

 

 自分は毎日洋食でも全然大丈夫なんだけど、夫は韓国料理のみで育ってきているからか、韓国料理を食べない日が続くと身体を壊してしまう。

ということで、これ。シーフードをコチュジャンとかで炒めてます。これは自分が作って、自分用には奥に八宝菜。で、いつもフライパンのまま撮っちゃう。笑

https://www.instagram.com/p/BqldhYxHBvi/

韓国料理を食べないと元気が出ない韓国夫のために、自分は食べられない辛い韓国料理を作っている。愛でしかない。 #韓国料理 #シーフード #八宝菜 #カナダ #韓国

彼はこの辛い真っ赤なやつに副菜8種類くらい+スープでゴハンです。って、そのうち4つがキムチ(白菜・エゴマ・辛い大根・甘い大根)ですけど。副菜はまとめて作り置きし、彼はなくなるまで永遠に毎日食べ続ける感じ。一方、私はこの八宝菜にスープと副菜(夫作カワハギ甘辛)でしたわ。

 

 こちらは気分転換にアップルパイ。大袋の方が安かったからって、夫がりんご2袋(2.27Kg×2)も買ってきちゃってその消費に。

https://www.instagram.com/p/Bq9JfTQnraL/

#テスト前 に限ってこういうことしちゃう #気分転換 #アップルパイ #カナダ #海外 #海外生活

カナダで定番のパイシートをはじめて使ってみたけど、アレって美味しくないね。なんというか、イーストの味がしまくるというか。

夫がパイシートのパッケージ写真を参考にして、謎の切込みを入れていた。パイと言ったらトップをアミアミにしたかったけれどなぁ。でも確かに外国っぽいかな。あ、りんごは美味しかったので、あたりだったみたいで嬉しい。 

 それにしても、「こんなにりんご買ってどうすんの?」っと雷を落としたところで全く響いていないうちの韓国夫。我が家には、他にもじゃがいも4.54kgってのも床に転がっています。

 残りのりんごはスムージー的なものに、ポテトはマッシュポテトと、ポテトエッグサンドと、あ、カムジャジョン(じゃがいものをおろした沈殿物で作るパンケーキ)もしよう。

 

 これは勉強してたら夫が差し入れしれくれたプルコギのキンパ。

プルコギは梨をおろしたものに2日浸けてから作成開始という長いプロセス。食への探究心ゼロな私は「もう、ササッと砂糖で完成でいいじゃん!」なんて思っちゃうけど、一方彼は料理瞑想と無双が趣味なのでこういう手間が全く苦でない様子。

https://www.instagram.com/p/Bq_qPoan0HP/

#キンパ #プルコギ #ワイルドライス ブレンド #韓国 #カナダ #海外 #海外生活 勉強のお供にって夫が作ってくれたのは嬉しいけど量多すぎ😇

お米はカナダ人の先生(カイロ&ウェルネスセンター)に「カロリー高すぎ」って言われるのを気にして、ワイルドライス・玄米・麦・白米・謎の豆などをその日の気分で混ぜて、夫こだわりの圧力釜の炊飯器で炊いています。先生はワイルドライスのみで食べるらしいけど、うちはそれはさすがに・・って思うのでうっすらピンク仕上げに。中身は、プルコギ・エゴマ・タマゴ・ツナ・ゴボウ・キュウリ・ニンジン・タクワン。海苔は韓国のりです。

 

 

同じく勉強のお供に、って差し入れ。

「おにぎり作ったからこれ食べて勉強頑張って」と夫から差し出されたのがコチラ。

丸い。

おにぎりは三角だと誰が決めたの?という、おにぎりの概念を覆すようなまんまるなおにぎり。(中身はキンパと同じ)

夫は寡黙で生真面目な性格なので、笑いを一切狙わずにこれを真顔で出してくるんだからすごい。

片手で持てないほど大きく、重く、しかも海苔が韓国のりなので、どのみち手で持つことができない謎の球体がここに。

いやあ、笑った。

夫氏って、ちょっと天然なのかしら。

以上、最近写真に撮ったおうちごはん(ほぼ韓国料理)でした。