Life in Bloom

英語赤点組だった私がカナダで永住権を取得(PNP)。Life in Bloom(人生真っ盛り)という意識で生活するカナダ生活と在住歴のある韓国話をお届けします。

水泳と乗馬が大切だという教え

スポンサーリンク

江戸幕府を開いた徳川家康は水泳と騎馬にうるさい教育パパであったらしい。

歴史学者の磯田道史さん曰く、「家康は『戦は常に勝つとは限らない。負けいくさになると、どんなに偉い大将でも馬に乗り、泳いで逃げなくてはならない。こればかりは家臣に代わってもらうわけにいかないので、乗馬と水泳教育は絶対に必要だ』という考えだったんですね」ということで、家康は自分の子供みんなに泳ぎを学ばせたのだそう。

 

これを聞いて思い出したことがある。

 移民を対象とした語学プログラムLINCに通っていた頃、頭にヒジャブ(スカーフ)を被った、スーダンとエジプトとのハーフだというスーダン人のアフリカ女子がクラスにいた。

名前をサマと言った。サマの「ハ」は小さく喉を鳴らす音で、日本語にはないのでなんとなく似ている音から「ハ」としてみた。

初めて出会った日本人だからなのかなんなのか、その彼女からなぜだか好かれていた。

サマは熱心なイスラム教徒で、ムスリムの教えやその素晴らしさをたびたびクラスメートに話した。一部の過激派の行いにより、世間で出来上がってしまっているムスリムのネガティブなイメージからの誤解を解き、偏見を打ち払いたかったのだと思う。

 私は歴史的なこととか宗教の話に興味があったので、うんざりした様子の周りをよそに、サマに限らずこういった話を聞くことが好きだった。今でもその類の話を聞くのは好きだが、どこかに入信したいわけではない。宗教を理由とした文化の違いや、意外な共通点を知れることが面白いし、この時代にそれがあの辺りへ伝わったのはこれが理由なのかもねなどと思いを馳せることも好きなのだ。

 

 ある日のランチタイムに、サンドイッチを手にしたサマが「何かスポーツをする?」と聞いてきた。

当時は定期的にスポーツセンターへ泳ぎに行っていたので「水泳をするよ」と言ったところ、サマはいたく感動した様子で「水泳!すごいね!水泳は素晴らしいのよ。健康にも良いしどうぞこれからも続けて」と興奮して話した。

続けて彼女は「コーランにも、健康な身体を持つために水泳と乗馬をしなさいと書いてあるのよ」と言っていた。

 コーランにそんなことまで書かれているとは驚きである。

気になったので「サマも水泳と乗馬をするの?」と聞いてみると、

「いいえ、残念ながら私は水泳も乗馬も全くできないの。勉強しかしてきてない人生だわ」と彼女が言った。

サマはスーダンで小児科医であった。

 

 話を聞いていると、サマは国に残してきた人々のことを「民」と呼ぶことに気づいた。「人」や「人々」ではなくわざわざ「民」という単語を使って話す様は、まるで殿が領民の話をしているようである。殿サマは他にも南の紛争地域だとか貧困地域のことを憂い、「戦いからは何もうまれないのに」とよく嘆いていた。

このように、偉ぶるわけではないが、やや国を俯瞰して人民のことを想う話しぶりをするのがサマの特徴だ。また、時折垣間見える家系の財力と権力にまつわる話から、恐らくサマはやんごとなき身分なのだろうと悟った。

その性格で海外でやっていくのは難しいのではないかと日本人の私が心配になるほど、サマは生真面目で繊細な性格をしているので、壮大な話を聞いても嘘をついているようには見えなかった。後にアフリカから中東出身の様々な人々と出会ったり見かけたりしたが、サマの性格はあのあたりの出身者としてはやはり珍しい。

 

 話は戻り、勉強はできるが水泳と乗馬ができない彼女は、結婚によりカナダに逃れてきた。お相手はカナダで獣医をしている動物嫌いのスーダン人男性だそうで、親の勧めで結婚することになった。

紛争難民としてではなく、ちゃんとパスポートを持ってカナダ入りしたサマであるが、たまに「自分だけ安全な地にいて良いものかと自責の念に駆られることがあるの」と言っていた。北と南ではかなり違うそうだけど、いつも母国の泰平を願い、その願いや想いを「真のムスリム精神」とやらと結びつけて語っていたことも印象的だ。

妊娠が発覚したことでLINCを学期の途中でやめたサマ。彼女と会わなくなったことで、スーダンの話を耳にすることはほとんどなくなったが、なぜだか思い出話を書きたくなったのは、彼女と出会ったのが今くらいの季節だからなのかもしれない。

 

 現代では、戦わずして安全な地に移ることができる。敗走のために馬にまたがるでも泳いで川越えをするでもなく、飛行機でひとっ飛びすれば平和を簡単に手に入れることができる。

「大将は逃れきった」とは思わないが、サマのコーラン話のこともあり、家康の川越えの話と少しリンクしたので書いてみた。