Life in Bloom

英語赤点組だった私がカナダで永住権を取得(PNP)。Life in Bloom(人生真っ盛り)という意識で生活するカナダ生活と在住歴のある韓国話をお届けします。

学校が始まりました

スポンサーリンク

9月4日、今日から学校が始まりました。

移民の国カナダとは言えど、住んでいるのは白人ローカルの多い地域だとか言われます。そのため、高校生になるまで一度も外国人と会話をしたことがなかった。初めて外国人と大学・カレッジで関わったなんて人がザラにいます。

以前住んでいたことのあるバンクーバーとはかなりカラーの違う土地柄なので、「誰も相手にしてくれなかったらどうしよう?!」なーんて思っていたのですが、幸運なことに心配は無用でした。

 

外国人率高し

街にいる殆どの外国人が学校に通っているんじゃないかしら?っていうくらい、沢山のマイノリティがいたので安心しました。特に私の専攻であるITは外国人率が高く、クラスによってはローカルの方が少ないかも?って感じです。

カナダ人の中でも、オンタリオやBC州から来た人が多かったりするので、本当に様々な人がいる印象です。

あと、留学生なのか、ローカル枠での見た目外国人なのかってのは現時点ではほとんどわかりませんが、アジア人男性はかなり多いので、男性でIT留学を考えている人には比較的溶け込みやすそうな環境であるように目に映りました。

しかし、これが専門医療系だったりすると全員白人ローカルだったりするので、やっぱり専攻選びは大切だなって思いました。

 

クラスはこんな感じ

ツイッターにも少し書いたのですが、

学校では少人数(10数人)のクラス制度があり、クラスメートとは同じ時間割を持ちます。

他の専攻やクラスメートと合同でいくつかの講義を受けるといった感じであるようです。

学部ごとにデポジットを払って、レンタルのパソコンが貸与されます。

これ↓

ITなんでまあまあスペックの良いパソコンなんだそうです。

授業は基本このラップトップを使って、共同作業はグーグルドキュメントにてオンラインで即時進められます。

 

初日は2コマあったのですが、クラスは40人中それぞれに女子5人程度といった感じでした。

殆どが男性で、男性のうち3割程度はアジア人といった印象です。(今日あったクラスでは、中国とフィリピンが殆どで、残りは韓国とチベットだった)

この土地ではアジア人は超マイノリティーだと思っていたので、こんなにもアジア人口がいて意外でした。

もうすでに1ヶ月分くらいのアジア人を見た気がします。笑

これだったら、おにぎりとか学校に持っていっても変な顔されないかしら?なんて嬉しくなりました。

アジア人はインターナショナル(留学できている)の人が多いようで、はにかみながら笑ってくれたり、控えめだったりするところが、やっぱアジア人だなってシンパシーを感じました。

あと、いかんせん女子が少ないんで、女子は誰でもオタサーの姫になれそうな予感がします。

 

ロシア女子と友達になれるかも

真面目そうな韓国女子か東欧女子を探して、良さそうな子と行動しようと思っていたのですが、残念ながら今日のクラスには1人もいませんでした。どうしたもんかねぇ・・・っと思っていたら、同じクラスのロシア人の女の子が話しかけてくれたので助かりました。

彼女もEAPを終えたばかりとのことで、また、出身がサハリン!で北海道(稚内)に近いとのことで、日本に対して親近感を持ってくれているみたいなのが嬉しいです。

アジア人の友達を作ろうかな?と考えていたのですが、またしても青い目のお友達が・・・?!

今日話した感じで彼女は良さそうでしたし、そもそも女子率も低いので、彼女とうまくやっていけたらいいなぁと思います。

 

 

経験者が多い

IT専攻ということで、経験者が圧倒的に多いです。

正確にはわかりませんが、挙手から80%以上の人が何かしらのITやプログラミングの経験があることがわかりました。また、母国で就業経験があったり、カナダで現在も働いているTECH界隈の人が沢山います。

今日学校であった質問では「何年のプログラミングの経験がありますか?」ってのに驚きました。

何年の・・ですか。

もちろん書きましたよ、「0年」と・・・(^_^;)

ロシア女子のマリアもコンピューターサイエンスを母国で1年学んでいたらしいです。

教室内で飛び交うジョークもITに関係することだったりして、未経験の私は全くわからず、やや置いてけぼり感が・・・いや、でも、めげません。

そうそう。25年ぶりに学校に戻ったなんていうアメリカ人男性もいるんですよ。というわけで、未経験者が少なくとも私だけではないことがわかってやや安堵です。

彼が私の代わりに沢山質問をしてくれることを願いつつ・・・学校スタートです。

友達100人とか欲深くいかないんで、2,3人気の合う子ができたらいいなぁーと思います。