Life in Bloom

英語赤点組だった私がカナダで永住権を取得(PNP)。Life in Bloom(人生真っ盛り)という意識で生活するカナダ生活と在住歴のある韓国話をお届けします。

イングリッシュネームの付け方とアイディア

スポンサーリンク

f:id:livingcanada:20180824103909p:plain

海外生活を始めた頃、イングリッシュネーム(英語名)が欲しいと感じる瞬間がよくありました。

何度も名前を聞き返されることも多々ありました。しかし、何よりも相手がこちらを気を遣って「私の発音で合ってる?」って不安そうに聞きながら名前を読み上げてくれる度に、なんだか申し訳ない気持ちになったことがキッカケでした。

発音を訂正するのも変な気がしますし、かといってその呼び方ではあまりにも名前と違って、呼ばれても反応出来ない可能性がある。どうにかならないものかなと思った結果、私は早い段階からイングリッシュネームを持っています。

今回は、イングリッシュネームの付け方について書いてみようと思います。

 

誕生した年の人気の名前トップ100から選ぶ

f:id:livingcanada:20180824101450j:plain

名前にはトレンドがあります。

名付けの傾向は時間の経過とともに変化するため、そのトレンド時の名前を持っていると名前から自分と年代が近い人に親近感を持ってもらえる可能性があります。というわけで、あなたが生まれた年の赤ちゃんに人気だった名前を選ぶことが一番おすすめです。

反対に、例えば1940年代に一般的だった名前を今選ぶとやや的外れな印象を放つかもしれません。Normaという名前の子がいたのですが、「オールドファッションな名前でおばあちゃんみたいだとよくからかわれるの」と言っていたことが印象的です。

 米国社会保障庁には、最も人気のあるアメリカの名前を年で検索できるサイトがあります。 生まれた年を入力すれば、その年に生まれたアメリカの赤ちゃんの最も一般的な100位の名前を検索することができます。

カナダのランキングではないのですが、興味のある方はやってみてください。

  Enter your birth year:

(半角数字で西暦を入れてクリックを押すと、米国社会保障庁のサイトに飛びます。) 

※スマホからだとうまく飛べないかもしれません。その場合、リンク先サイト左にある「Select another year of birth?」から西暦を選んで検索してください。

  

可能であれば自分の本名と何となく似ている名前を選ぶ

f:id:livingcanada:20180824101642j:plain

イングリッシュネームを本名の発音と少し似ているものを選ぶことができれば、名前に愛着が湧きやすくなります。

自分の名前に似た音のものがなければ、響きが可愛いだとか、何かのキャラクターだとか、何らかの形で自分を表しやすそうな名前を選ぶと良いでしょう。

私の場合は、あだ名が名字からくるものだったので、その響きに似ているものを選びました。

北米社会ではごく一般的な名前だったので、すぐに色んな人に名前を覚えてもらうことが出来ました。

  

イングリッシュネームはダサい?

 イングリッシュネームを持つことは「ダサい」とか「格好つけてる」って言う人っていますよね。

はじめの頃、イングリッシュネームを自己紹介で言う時には、なんとも言えない気恥ずかしさがあったので、その気持ちはわからなくもないです。 

 

親近感がグッと湧く

しかし、こう考えるとどうでしょうか。

f:id:livingcanada:20180824095618p:plain

例えば、とある男性の名前が「Johannes Chrysostomus Wolfgangus Theophilus Mozart」だとします。

これはモーツアルトの本名ですが、初見では覚えるのが結構大変だって感じませんか?

むしろ、どこを取って呼べば良いのかな?と考えてしまうかもしれません。

では、彼の名前が「ゆうき」くんだったらどうでしょう?

覚えやすくありませんか。しかも、いきなり親近感が湧きませんか。

 イングリッシュネームを持つ場合、同じことがネイティブスピーカーの頭の中にも起こります。

というわけで、興味のある人はイングリッシュネームを持ってみるのも良いかもしれません。

 

おわりに

私のイングリッシュネームは普段遣いではありません。

普段は本名のファーストネームで名乗るようにしていますが、2回以上名前を聞き返された時にイングリッシュネームを名乗ります。また、履歴書を出す際には括弧書きでイングリッシュネームをあだ名として入れるようにしています。

こうすることで、相手に選択肢を与えるのです。

実は私の名前は、少し発音を間違えると下ネタ単語になってしまうんですよ。

町中でオーストラリア人の同僚が私を見かけて「Hey, *****!」と大声で叫ばれた日にゃあ、他の日本人に見られていないかヒヤヒヤしたものです。

できれば、自分の名前がすぐに相手に覚えてもらえると一番良いのですが、名前を覚えるのが苦手だという人も多いので、そういったストレスを相手に与えたくない、もしくは何度も言い直すストレスを感じたくないと考えると、イングリッシュネームを持つことはなかなか便利だと感じます。

よかったらやってみてくださいね。