Life in Bloom

英語赤点組だった私がカナダで永住権を取得(PNP)。Life in Bloom(人生真っ盛り)という意識で生活するカナダ生活と在住歴のある韓国話をお届けします。

クリスマスの日のバイトはクリスマス・バッフェ(食べ放題)

スポンサーリンク

職場で、ゲストや同僚から”ビューティフル”と呼ばれることが多くて、やや調子に乗り気味の私です。オホホホ。

って、カナダは「お世辞文化」なので、言葉を真に受けると、痛い目に遭う・若しくは恥をかくので、信じてはダメ。

単に、名前が思い出せないから、適当にビューティフルと呼ばれている可能性大です。

というわけで、ビューティフルなんて呼ばれても、調子に乗らないように!

特に私。

 

 

クリスマスの日のバイトはクリスマス・バッフェ(食べ放題)

f:id:livingcanada:20171227110815j:plain

というわけで、何の脈略もないような書き出しでしたが、クリスマスの日にバイトに行ってきました。

今回、私はクリスマス・バッフェ(食べ放題)の担当に配属。

担当とは言っても、事前予約のゲスト480名+当日ウォークインで食事されていった人々の担当なので、サービススタッフは数十人いたレベル。

それでも人が足りなくて、バンケットポーター(机とか重い物とかのセッティング係)達がバッフェの食べ物を出したり、片付けたり、してくれていました。

他にも、他所から派遣みたいな形で、コート・チェック(コート預かり所)やホステス(案内係)だけでも数名来てたかな。

 

キッチン内は戦場

キッチン内は宴会場・メインレストランともに一日中戦場のようで、いつもにも増してFワードが飛び交って、戦争映画の山場のようでした。

ダダダダダダダダ・・・FFFFF! 

Oh, F FFF ! 

You wanna F n...? 

BOMB!     みたいな。

永遠に言葉を書くと相当怖いと思うので、早めに自粛しておきます。

まさか、クリスマス当日にファイヤーアラート(火災探知機)がなるとは、驚きましたわ。(探知元はキッチンではなかったけど)

 

キッチンスタッフは基本怖い 

それにしても、キッチンスタッフって、どこでも基本口が悪い+怖い謎。

FワードなんてただのBGMだわ♪って、言葉を拾わないようにして、開き直っていかないと、生き残っていけなさそうな感じです。

自分の場合は、思いっきり新人+第二言語話者+プルプル・ビクビク・ガクブルしながら、ゲストからのリクエストを伝えたりするので、Fワード抜きでシェフたちも対応してくれるけど、それでも怖いもんね。

あと、アジア人スタッフたちがめっちゃ守ってくれます。ありがたい。

私、オタサーの姫状態であるようです。

(単純に、若めのアジア女子が私のみということが理由だYO!(しかも若くない))

 

お寿司屋さんがやってきた

そうそう。外から、お寿司のデモンストレーション用に2人もやってきていました。

お寿司屋さんから派遣されてきた男女の職人さんで、中国人であるということでした。

ちゅ、中国人!

・・・でしょうね。

女性は「祭」と書いたハッピを着てお寿司を握り、男性は主に客席でのパフォーマンスの担当であったよう。

裏巻きしたロール寿司に液体(アルコール系。多分テキーラとかラムとか)がかけられていて、火をつけると寿司が炎に包まれるの。

それを利用して表面をサッと焦がすというものだようで、ゲストに大人気。

クリスマスディナーだというのに、あっちからもこっちからも、このお寿司のオーダーが耐えなかったようです。みんな動画撮ったり、インスタ用に写真撮ったりしてたわ。

 

Volcano Roll Sushi(火山巻き)大人気

調べたところ、あれはVolcano Roll Sushi(火山巻き)というそう。

ゲストが感心した様子で「さすが日本の寿司ね~」とかって、中国人のお寿司屋さんに言っているのを聞いてしまって、やや複雑な気分に・・。

そんな彼ら(寿司職人)は、私が日本人であるということを中国人のスタッフから聞いたのか、ワタシの前を通る時はコソコソしていました。

いやいや、そこは堂々としていいって!

「日本人でなく、中国人が寿司握ってるぞ」って、散々裏方の中国人スタッフたちから、寿司いじりをされた1日でしたわ。

「美味しく作ってくれてるみたいだから、気にならないよ~」って、言っといたけど。

 

Volcano Roll Sushi(火山巻き)参考動画

どっかのレストランでの火山巻きサービングの様子の動画があったので、参考程度に貼り付けておくわね。(15秒)


Volcano Roll

 

クリスマスバッフェのメニュー

f:id:livingcanada:20171227110922j:plain

他には、(というかそっちがメインだと思うけど、)ターキー、ローストビーフ、生牡蠣、カニ、なんかがメインとしてあって、ラビオリとかラザニアみたいなパスタ系も充実、サラダも何種類もあって、デザートは10種類くらいあったかな?。クリスマスらしいブッシュドノエルとかクリスマスプディングとかもあったけど、普通に抹茶のケーキなんかもあったりして、日本人の私はテンションが上がる内容でした。

 250人ほど従業員がいるらしい職場に、たった1人しかいない日本人だけど、日本的なものがローカルの人に愛されているのを見られるって、幸せだなって思いましたわ。

だって、大切なクリスマスのディナーにお寿司・・・よ? わお。

この土地では、結構「お寿司(生魚)無理」「食べようと思ったこともない」みたいな人たちが多いので、良い意味で意外な夜でした。

 

全体的にとても美味しいと好評で、働いている人間としては誇らしい時間だったわ。

まぁ、美味しくないとダメでしょってくらい、価格設定はかなりお高いけど・・・。

毎年必ず来てくれるという家族やご夫婦なんかがいらしたりして、ゲストの笑顔と会話に、何度も幸せのおすそ分けをいただく。

人の幸せそうな姿を見て、自分も同じように幸せな気持ちになれるだなんて、嗚呼、私ってば大人になったのね。

 

あ、ごはんができたらしいので、今日はここまで。

いつも100%のブログ完成を目指さないワタシだけど、今日も読んでくれてありがとう☆

ではでは~