Life in Bloom

英語赤点組だった私がカナダで永住権を取得(PNP)。Life in Bloom(人生真っ盛り)という意識で生活するカナダ生活と在住歴のある韓国話をお届けします。

カナダ

専攻変更させてもらい、カレッジ即退学から踏みとどまった(裏技)

未経験からのIT学生予定でしたが、早々に脱落を決意。 しかし、専攻自体を変更させてもらうことで、何とかカレッジ即退学から踏む留まることが出来ました。 恐らく、これは裏技です。 前回、未経験からIT学部に入ったのは良いものの、授業に全くついていけな…

ブログ用のインスタグラムアカウントを作りました

最近ブログ用のインスタグラムアカウントを作りました。 写真って加工が面倒くさかったり、ブログのページが重くなるので、すでに軽く加工してくれているようなフリー素材以外はあまり載せていなかったのですが、インスタに載せるなら写真の重さとか大丈夫だ…

海外でのカルチャーショック:学費、学生ローンについての考え方の違い

海外に出て以来、私にとっての一番のカルチャーショックと言えば、大学機関の学費を自分で出す人が非常に多いってことです。 日本で学生をしていた頃は、大学や短大、専門学校等の学生ローンを自分で支払っていた人って、周りではごく少数派だったような記憶…

イングリッシュネームの付け方とアイディア

海外生活を始めた頃、イングリッシュネーム(英語名)が欲しいと感じる瞬間がよくありました。 何度も名前を聞き返されることも多々ありました。しかし、何よりも相手がこちらを気を遣って「私の発音で合ってる?」って不安そうに聞きながら名前を読み上げて…

ホテルのバイトを辞めました。残念だけど仕方ない

タイトルの通り、ホテルのバイトを辞めました。 海外に出て以来ホテルで働くことが多いこともあり、ホテルでアルバイトをすることは私にとって学びであり、気分転換でもあり、趣味でもあるという、給与以外にも得られることの多い大切な時間でした。 カジュ…

高校数学クラス無事にパスできました。数学アップグレーディングのすゝめ

タイトルにもありますが、無事に高校数学クラスをパスできました。 いやぁー、高校卒業から10年以上余裕で経ってるし、今さら数学を勉強するだなんて心配で仕方なかったのですが、蓋を開けてみれば、わりと成績良好でクラスを終えることが出来ました。 数…

韓国人へのちっちゃなギフトの渡し方

人にちょこっとお世話になった時、「韓国パック」をお礼代わりにプレゼントすることが多い。 これは今までの経験から、大抵の女子は美容にまあまあ興味があり、韓国のパックはどこでも人気があることを知ったから。 住んでいるカナダの田舎町のドラックスト…

カナダでの最近の生活。暑い、勉強、新しいブログ始動、新しいプロフィルアイコンは中国アプリ。

どうもっ。最近ブログの更新をサボりがちですが、おちこんだりもしたけど、わたしは元気です。(書きたいだけ) 最近の出来事とかをつらつらと書いてたら、めっちゃ長くなっちゃった。お時間のある時にどうぞ。 計算外に暑かった日当たりの良いコンドの夏 カ…

Uberドライバーの副業をしている同僚からUberの話を聞いた

Uberドライバーの副業をしている同僚に、Uberのことを聞いてみた。 Uberは、タクシーよりもずっと安価で利便性も良いと言われている反面、ドライバーの問題行動がメディアで取り上げられることが多いイメージがある。 ということで、Uberは気にはなるけど、…

海外で必要なレディーファースト教育を新しく入ってきたスタッフにした

ひと足お先に行っていたバケーションも終わり、現実がやってきた。 早速バイトにも入っていて徐々に日常に戻りつつある。今回は、最近職場に新しく入ってきた男性スタッフにレディーファースト教育をしたって話。 正体不明 最近うちのバンケットチームに、ア…

一番驚いているのは自分だが、英語で数学を学ぶのが今のところ楽しい

数学が楽しい。 人生でこんな言葉を言う日が来るとは思わなかったし、こんな発言をしてしまう自分に驚いている。 もともと数学は英語と並んで苦手教科なので、苦手意識も間違いも多々ある。 それでもなぜだか楽しい。 数学を学んでいるだなんて思わない。た…

突如同僚が職場から去っていった

わりとよく話をしてくれた同僚の一人が突如職場から去っていた。 彼は本職はIT業で、ホテルには副業としてたまにバイトにやってきていた。 JAVAや仮想通貨やブロックチェーンがどうたらと色々興味深い話をしてくれる人で、またユーモアのある人だったので話…

バブル時代を生きた元フライトアテンダントの話

海外に出て以来、ホテル業界で働くことが多い。 その関係で、元フライトアテンダントだとか、ホテルバイトが副業で本職はフライトアテンダントですって人にも沢山出会ってきた。 今回は韓国を代表する航空会社の国際線でチーフパーサーまで務めていた女性の…

ホテル業界内の福利厚生うんぬんを比べた話

バイト先に新しくカナダ人男性が入ってきた。 オンタリオ州からやってきた礼儀正しい人で、ことあるごとに「Sorry!」と言ってくれるカナダ人のステレオタイプそのままのような人。 私もSorryは多用する方。 2人でペアを組んで仕事をしていると「Sorry!」「…

カナダでの最近の宴会場バイトでの出来事を徒然と。バケーション申請その後、寿司の食べ方、チェンジなど

しばらくブログを書いてなかったら、またしても書き方を忘れてしまった。 完全に忘れてしまう前に、とりあえず最近のバイトでのことを徒然と書いていこうと思う。 バケーション申請認可と却下 月末にバケーションに入る。 オンラインのシステム上では未だに…

つい使い方を間違っちゃう言葉 食べ物編

なーんかわかんないけど、知ってるはずなのに使い方を間違っちゃう言葉が沢山ある。 正しい日本語の表現は日々忘れつつあり、学んでいる英語も微妙な定義を理解したまま使っていたりするので、そういうところから勘違いがやって来るんだと思う。 外国人相手…

バケーション申請却下?そんなのハラスメントだぁぁぁー!

「バケーション取得はスタッフの権利です。繁忙期を除き、部門の管理者はスタッフのバケーション申請を認めなければいけません」 って、ついこの間ハラスメントトレーニングで人事部から学んだばっかりなのに、 申請したら「オマエにそんな権利はない」って…

国別ウェイトコントロールの方法と良いカラダの定義 カナダ・韓国・日本比べ

女の子は一年中ダイエット~♪とかっていうじゃない? それは年増になっても同じこと。 お姉さまだって、おばば様だって、心はずーーっと乙女。可愛いって思われたいしそのためには痩せていたい。それでいいじゃないの。 (約3000字あります~) 女子は一生女…

韓国夫のいるイースター 後半  韓国料理臭と戦う 編

前回からの続きです www.alena-lib.com 前回は課題と戦う編でした。今回は韓国料理臭と戦う編です。 韓国夫のいる我が家のイースター ところで、大乗仏教徒の韓国夫の元にイースターバニーが来てくれるはずもなく、普通の週末を・・・と思っていたら甘かった…

英語発音が少し良くなってきたらしく、周りの反応が変わってきた。そしたらカナダ生活が楽しくなってきた

最近カナダ生活が楽しい。何がカナダでの生活を変えたかと言うと、英語の「発音」が少しずつ変わってきていることなんじゃないかと思う。 発音向上がカナダ生活を変えた まだまだ失敗も多いし、勘違いや早とちりもある。伝えたい表現が上手く出てこないこと…

日本で普通の生活をしていたら絶対出会えないような人と席が隣になっただけで話せるようになるのは海外生活の醍醐味の1つだと思う

学校で仲良くしてくれているメキシカン女性。 仲良くしてくれているとはいっても、遊びに行ったりするわけじゃなくて、授業が終わったら一緒に電車に乗って、駅についたらそのままバイバーイ。 何となく授業で横に座ったり、お互いを見つけたら話したり、そ…

小ネタ2つ+1(火災報知器の点検日、秋始まりのカレッジはアプリケーションをキャンセルした+ブログ1年)

今回は小ネタ2つ+1(火災報知器の点検日、秋始まりのカレッジはアプリケーションをキャンセルした+ブログ1年)、暇つぶし記事です。 火災報知器の点検日 秋始まりのカレッジはアプリケーションをキャンセルした 学部決めが難しい 医療系学部 IT系学部 他…

本職薬剤師の同僚は薬をすすめなかった コート預かり所(バイト)での会話

先日、舞踏会ディナーなるイベントにバイトで入った。 参加者は主に年配のカップルで、女性は品のある大きなシルエットのロングドレス、男性はスーツに蝶ネクタイという正装をして参加していた。(燕尾服ではなかったと思う) その日、新人の私は、コート預…

カナダで車をぶつけられた

車をぶつけられた。 現場はダウンタウンの中にある割と大きなT字路で、こちらは赤信号による完全な停止をしていた。 そこへいきなり後ろからの衝撃。 なんともないわねっ! アンタ、嘘ついてないと良いけど! 態度を変えたオンナ 時すでに遅し 逃さない 不幸…

必ず毎日授業をフラッと抜け出し、フラッと戻ってくる人の謎

毎日、授業中に必ず一度抜け出して、しばらくするとフラッと戻ってくる男子がいる。 風貌から何となくユダヤ教徒かな?って思っていたけど、どうやら彼もイスラム男子。 彼のバックグラウンド 何を持っているの 教室内騒然 祈りの時間を告げるタイマー 祈り…

Kombucha(紅茶キノコ)を頂き、「健康研究会」的なグループに属することになった

バイト先で「健康研究会」的なグループに属することになった。 これは職場の健康に興味のある人達が情報をシェアし合うというもので、50代と思われるブルガリア生まれギリシャ育ちの女性を筆頭として、約10名ほどで結成されているよう。年齢は下は20代…

カナダ:わたしの学生課の対応への怒り方

私は怒っていた。 キャンパス内にある学生課(学籍係?)の、あまりの仕事の出来無さに。 条件付きオファーとデポジットの要求 単願しか許さない? どういうこっちゃ 必殺:たらい回し☆ オファーを受け入れた専攻がキャンセルになった おわりに ことの発端は…

カナダの会社:従業員パーティーのアナザーストーリー

今回は前回書ききれなかった、従業員パーティーでのアナザーストーリー。 意外な一面 普段と全く違う姿の女子たち 賞与対象者の発表 賞与の額面 おわりに 前回の話: www.alena-lib.com 意外な一面 パーティーと言えば、個人的な話をする機会のない同僚やそ…

カナダ:会社主催の従業員パーティー

会社主催の従業員パーティーは、楽しい夜となった。 とはいっても、自分はバイトとして普通に働いたのだけど。 (長くなってしまった。オチのない文章が4,000字近く続くので、お時間のある方だけどうぞ。) 年一恒例:会社主催の従業員向けパーティー …

カナダバイト:シーズナル契約から普通のカジュアルバイトに昇格

その電話を受けた時、「Yes!(うしっ!)」と、思わず声を出して喜んだ。 [:contents] 延長はないだろう 期間限定の季節労働要員として採用されたバイトなのだけど、最近は規定が厳しくなって、延長は難しいだろうと周りから言われていた。直接、ボスに質問…