Life in Bloom

Life in Bloomという意識で生活したいカナダPNP移民のブログ

失いつつある日本語能力というか、日本人力の低下に落胆

スポンサーリンク

f:id:livingcanada:20171228140533j:plain

久しぶりに友達とLINE電話したんだけど、電話する度に思うの。

失いつつある日本語能力というか、日本人力の低下に落胆って。

今日は、私のダメな日本語具合話をシェアしてみます。

 

 

日本語が出てこない

ー 生産性が低い

ー 女性軽視の

ー (あなたの)気を引きたいから(その行動をする)

ー 年休・有給・忌引

ー きんぴら

ー おせち料理

パッと思い出しただけでも、このあたりの言葉が出てこなくて、「あぁ・・・えーーっとぉー」「うーーんと~」って言いまくっていました。

最後の方は、彼女が私の言いたいこと当てるクイズに参加してくれていたってぐらい、言葉を引き出すのを手伝ってもらっちゃた。

普段、夫との会話が日本語だからって、外国人夫との会話程度じゃあ、日本語がキープできているわけじゃないね。反省よぉ。

日本語ってさ、ほんっと難しいよね。ちょっと表現間違うと全然ちがう単語になっちゃうし。

 

数の数え方がとっさに出てこない

読書が趣味だと言えるほどではないけれど、彼女も私も本を読むことが好き。

自分はオタク且つ冬休み中で1日中ネットに張り付くこともできるけれど、彼女はキャリアウーマンで、ネット社会のことを全く知らない様子。

ツイッター上で見かけた話題の書籍をおすすめしようとして、

私:「『◯◯』って本、▲▲万も売れてるらしいよッ!」と鼻息を荒く言う。

友:「へ?」

私:「ん?本だから▲▲万・・かな?」

友:「あ~、▲▲万、ネッ!笑 日本語喋ってないとそうなっちゃうのかぁ。笑」

 

WHY JAPANESE PEOPLEEEEEーーーーー! (古ッ。)

なんで数の数え方が色々あるんだYO~。

数字が合ってれば良いダロウ~~?!

 

話が直球すぎる

中でも、一番痛感したのはやっぱこれ。

「婉曲的な表現」が咄嗟に出てこなくなったみたい。

友達の働き方の話を聞いてさ、比べちゃあいけないんだろうけど、どうしてもカナダの一般的な会社との働き方と比べてしまう。

”それって、訴えたら余裕で勝てるよ?”とか、

”そんなに拘束時間(拘束ではないけど、残業しないといけない雰囲気とかあるじゃん)長いのに、給与での見返り対価って結構少なくない?”とか、

”繁忙期でもないのに有給取得できないとか、完全にありえないっ!”とか、

そういった言葉で頭の中が埋め尽くされると、

彼女のことを大好きすぎて出た言葉がこちら。

「(会社)辞めなよ~」

ド直球、ストレートすぎます。

彼女は笑ってくれたから良かったけど、今となってすっごく反省。

本人も会社を辞めたいという意思はあるにはあるけれど、いくら高学歴+優秀とは言え、女性+年齢のこともあり、今のステータスを失うということ、他にも、様々なしがらみや今後のことを考えると、すぐには決断が出せないわけ。

普通、そういう話を聞いたら、

「良い結論が出ると良いね」とか、「最終的に自分で出した答えがきっと正解なんだと思う」とかさ、そんな感じで日本女子だったら言うと思うんだよね。

なのにも関わらず、「やめなよ~。」と、ストレートに言ってしまったのサ。

色んな話をした上での発言だったけど、これはいかん発言だったって反省しています。

 

 

でもさ、人生一回きりだよ。マジで潰れちゃったりする前に、会社辞めなよ~。

仕事なんてさ、”Just a job”だぜ。 

Don't stress over work. It really is just a job. とかってねー。

これね、カナダではわりとよく聞く言葉。

仕事へのウェイトというか情熱が、どうも日本とは全然違うんだよね。

(というか、日本の働き方が特別すぎる!)

っていうと怒られちゃうのかもしれないけど、

人生「健康」と「幸福感を感じること」が一番大切で、仕事は二の次だから、って今は思うからさぁ。

彼女、うまく辞められるといいんだけど・・・。←まだ言う

 

滝沢カレンとか、にこるんとか

 今回の電話で、あまりにもチンプンカンプンなことを連発して言ってたみたいで、彼女が一言。

「何か、滝沢カレンとか、にこるんみたいだね。笑」

 

NOOOOOOOOOOOO~~(TдT)・。

 

面白いわけでもなければ笑いにも出来ず、

また、売れるためのキャラ作りをするでもなく、

ただ日本語がひたすらおかしいって・・・

要するにバ◯(自粛)ってことじゃん。ちーーーーん。

 

ちょうどこの時期はマイナス気温続き(現在-21℃)で、

「趣味在宅」なので、日本語語彙の本を手に取り読んでみようかと思います。