LIB - Life in Bloom

カナダと日本と韓国と、たまにオーストラリア。人生真っ盛りという意識で生活したい

カナダでスクーリング開始

f:id:livingcanada:20170904140053j:image

カナダで学校が始まった。

入学試験でヘマをしてしまったため、結局2年ほど前にLINC(移民・難民向けの語学学校)へ通っていた頃と同じレベルに逆戻りしてしまった。

自称一番得意なリスニングがまさかの一番悪い判定になった。

即時カナダの大学入学レベルに達していたのはスピーキングのみで、苦手意識のあるリーディングとライティングはまぁまぁという結果。自分の感触としては、現在の実力以上に書けたかな。一番できないはずのリーディングも得意な環境問題(長文読解)が出たので、自分的にはまさかの高得点だった。

つくづくトピックには運があるなぁ・・と。

ということで、割り振られたクラスはちょっと楽そうで嬉しい。

学校久しぶりだからね。気楽にいこー。

 

 

引きこもり時はもしかすると鬱に近かったのかも 

試験で自分の身の丈を知った。知れて良かった。

学びたいことも特に決まっていないし、全く英語を話さない環境(引きこもり)でしばらくの間ずっと鬱々していた。

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫)」(マンガ)を読んだけど、自分も少し鬱に近かったんじゃないかと思う。

こういう場合、無理は良くないそうなので、無理強いをしなくても良いクラスに入られることは、自分としては好都合な判定結果だわね。

 

スクーリングが始まった

「マフィン」を「マヒン」としか言えなかった英語耐性ゼロな女なんだから、カナダに来てこのレベルまで上がれたことを思うと、それだけでも感慨深い。

むしろ引きこもっていても、スピーキングが落ちていないことが意外だった。

この1年で私に足りなかったことは、話し相手がいなかったことか。

テストはしゃべりまくってスッキリだった。テストなのに楽しかった。

私しゃあ、やっぱり「おしゃべりマシーン」だわ。

 

クラスに日本人は自分のみ

想像した通りだったけど、クラスに日本人は自分のみ。

レッサーパンダのような物珍しさで人が集まってきて、次々に「あなたは初めて会った日本人よ」とクラスメートが仰せになる。

クラス内は移民や市民や留学生ばかりで、国籍も豊かで心地良い。

肌の色にもバリエーションがあるので、差別は生まれにくそうだ。 

 

 

 

日本名を持つ中国人女性

中には、英語名とする名前が明らかな日本名な中国人女性がいて、早速彼女に追い掛け回されて困った。

恐らくアニメかなんかから名前を頂戴したのだろう。

日本人が珍しいということで、毎度必ず中国人女性に追い掛け回されるけど、今回も嫌な予感は的中。なんかもう恒例だけど、ホント勘弁してほしい。

被食者はさ、追いかけられると逃げるんだよ。 

 

日本人の友だちを作るのが夢だった

私はキレイな女が好き。

この日本名を通名として持つ中国人は、服装と髪型には気を使っていたけれど、ガサツでごく強いトーンで話す。

しかも、プライベートなことを質問攻めしてくる。

なんでそんなに詮索好きなんだ。こちらは君のことを全く興味がないと言うのに。

なまりが強いので、何を話しているのかあまりわからないこともマイナス。

おまけに笑うと、歯の間に何か大きなものが挟まっているのが見えてしまい、興ざめした。

「日本人の友だちを作るのが夢だったの。アリーナ、仲良くしましょう」だなんて言われたけど、そんな女性は3つ指ついて丁重にお断り。

出直してらっしゃい。 

 

イラン人女性メイトゲット

他に、イラン人女性が私の事を気に入ってくれたようなので、とりあえず彼女と行動をともにすることにした。

私は1人行動でも全然ハッピーだけど、「おしゃべりマシーン」仲間ができるとそれはそれで嬉しい。

イラン人は親日なことが多く、彼女も「なんでも素晴らしいものは日本とドイツからくるのよ」と言っていた。イラン人は大抵同じことを言ってくる。学校ででも習うんだろうか。

まだ良く彼女のことを知らないけれど、イラン人には美人が多いので、それだけでもう尻尾がパタパタしてしまう。

イランのゴハンって美味しいしね。(多分日本人なら好きよ)

勉強以外にも、ダイエットや美容の話だとか、男尊女卑の文化だとか共通する話題が沢山あるわけ。

これでいつも痛い目を見るのだけど、私の思考はどうも男性的らしく、美しくスタイルの良い女がいつも好きだ。

だって、美人とブスは伝染するっていうじゃない?

美人といると自分も努力しようって思えるから、それもあって余計に好んでしまうのかも。(美人って言ったって、単に生まれ持ってのラッキー容姿の持ち主ってわけじゃないの。努力家な美人さんが好きなの。)

賢い女性だとなお良く、あとさらに性格が明るい人であれば、大抵のことはほとんど許せてしまう。

あぁ、これがいけないところ。わかっているけど、やめられない。 

 

おわりに

こんな感じでスクーリングが始まった。

喋りまくれることで、もうすっかり以前の明るさを取り戻すことが出来た。

よく話し、よく笑い、よく寝る。

よく学んで・・は、まだないけれど。 

 久しぶりのスクーリングなので、とりえず気楽に楽しくいきたい。

 

ところで、日本名を持つ中国人には、すでにちょっとマウンティングしておいた。

マウンティングという使い方が合っているのかは謎だけど、ブログで沢山見かけるので、この単語を一度使ってみたかった。

他に大丈夫そうな中国人もいたけど、この人だけは警戒アンテナがピーーンときたのよね。

だから、「近づかないで」ってオーラを出しまくっておいた。

言葉でも、少しきつめに牽制しておいた。

それでもガサツな彼女には、通じていない可能性大ではあるけれど。

というのも、以前LINCで学んだのよ。

第一印象の悪い人は、初めから関わらないことが最上策ってね。

そういうわけで、またきっと「アジア人のくせにアジア人差別なヤツ」と中韓あたりの人々から、やいやい言われることだろう。

イラン人もアジア人なんだけどね。念のため。

まぁ、仕方ない。どんと構えて、我が道を行こう。