LIB - Life in Bloom

カナダと日本と韓国と、たまにオーストラリア。人生真っ盛りという意識で生活したい

脱ポヨ宣言

f:id:livingcanada:20170830031550j:plain

 

 

体力がない

引っ越しをするので部屋の片付けをしなければならない。

やらなきゃならないことが山ほどあるのに一向に進まないのは、体力の衰えであることに気づいた。

片付けた物をダンボール箱へと入れる手を止め、しばし悲嘆に暮れると、そのまま面倒くさくなってしまい、フローリング床に仰向けに寝転がった。

夏も終わりだ。頬を撫で通り抜けていく風に秋の臭いが混ざっている。

そんなことを考えている時間があるならばさっさと手を動かせばいいのに、自分の意思とは裏腹に腕が上がらない。体力がついていかないの。

 

頑張ってつけた筋肉が脂肪に変わった

去年の秋、恥ずかしながら折角入ったカレッジを差別ですぐに辞めてしまった。

今はもうただの過去の事実であり何とも思っていないけど、あれ以来、外界との接触を拒み引きこもってしまった。1年もの喪失はあまりにも大きい。

いかに膨大な時が流れていったのかということを、白く細くなってしまった腕と、ポヨンポヨンと波打つお腹が、虚しくも鮮明に物語っている。

体重があまり変わっていないからといって、すっかり気を抜いていた。脂肪は筋肉よりもずっと軽いという事実を、見て見ぬフリし続けてしまった。

その結果がこれってわけ。

 

力尽きる

結局、部屋の片付けはほとんど進まなかった。

浴室大掃除の後にやっとダンボール2箱を埋めたところで、体力の限界がやってきた。そこから最後の力を振り絞って立ち上がり、お風呂にだけはどうにか入った。

食事を取る気にはもうなれない。なんせ腕が上がらないのだから、冷蔵庫を開ける力さえも残っていない。

仕方ないので一切を諦め、血を吸いすぎた蚊のようにフラフラと力なく歩いて、椅子に座り、今これを書いている。

腕はパソコンで支えられているのでなんとか動く。って、これはヤバい。

 

キレイな女 

ところで話は変わるけど、私はキレイな女が好き。

キレイというのは生まれ持った容姿ではなく、美への努力と、モテへの欲望と、羨望への渇望が形になっている人のことね。

結婚をしたからといって、あるいは年増になったからと言って、美や諸々の欲への追求が終わるわけではないし、終わらせるべきではないと常々思っている。

先日、「日本一美しい夫人」を決めるミスコンテストで59歳の女性が選ばれていた。下手な女優やミセスモデルよりも美しい人だったけど、彼女の美しさは生まれ持ったラッキーだけではないなぁーってのが私の感想。

お金でどうにかなることもあるけれど、そうではなく、日々のたゆまぬ努力が形になったような人だから優勝できたんだと思う。

彼女のようなキレイな人がとても愛おしい。

 

キレイじゃない女

それなのに、彼女よりもずっとずっと若いというのに、なんなんだこのザマは。

カレッジを辞めてから、確かに落ち込んでいた期間も長かったけれど、それにしても引きずりすぎた。

水泳で鍛えたはずのお尻と脚はすっかりたるみ、うっすらと筋が見えるほど鍛えていた腹は夫に冗談でポンポンと叩かれるようになった。

「ネコのおなかー♪」と無邪気に私の腹で小鼓を打つ夫に対して、殺意が芽生えたのは言うまでもない。

でも、何も言えなかった。自分の惰性と怠惰が形になっただけのことだから。

自業自得ってやつよね。

 

取り戻そうあのカラダを

こんなことではいけない。メイクの上手な人のユーチューブを観て感心している暇があったら、少しでも運動をして体力をつけるべきだ。己のボディーメイキングに努めるべきなのだ。

ケイト・モスも言ったじゃないの。"Nothing tastes as good as skinny feels."(どんなに美味しい食べ物も、痩せているという快感にはかなわない)って。

いや、わかっている。でもできないの。それが問題なのだッ!

 

 

 

運動はじめます 

ということで、体型と美への意識を変えるために、まずは形から始めようと思う。

学校が始まるついでと言っては何だけど、秋からまたヨガかピラティスに通うことをここに誓おう。

新しいマンションにもジム設備はあるけれど、体力のない状態からいきなり走り出したらかえってケガをしそうで怖い。

その点、ヨガやピラティスは以前通っていたことがあって、難易度を体調やレベルによって自由に変えられるから安心かなって思うわけ。

 

運動はじめませんか

動物たちがそろそろ冬眠支度を始める頃になって、やっと外へ出て活動を始めることに決めた私。長かったなぁ。

ずっと巣の中にこもっていたので、久々の外界では諸行無常の有り様に戸惑うだろうけど、色々と頑張るよ。

これを読んでくれた引きこもりメイツのあなた、秋から一緒に運動しませんか。

旅は道連れ世は情けと言うじゃないですか。

ダイエットは明日からでは、明日は永遠に来ないと私は思うのです。

身近な友の甘い誘いは、あなたを蹴落とすための死へのいざないです。

ともに頑張りましょう。

脱ポヨ宣言、ここに宣誓!