LIB - Life in Bloom

カナダと日本と韓国と、たまにオーストラリア。人生真っ盛りという意識で生活したい

Kindle Unlimited読み放題化をリクエストした本が無事読み放題化したので紹介してみる

海外在住かつ田舎住まいなので、日本の書籍が手に入りにくい環境です。

近年eブックが主流になりつつことは知っていたのですが、なんとなく読みづらそうで手を出せずにいました。それでも活字を読みたいという欲求は収まることなく、それどころか年々思いは募る一方です。数年を経て、ついに私もアマゾンのKindle Unlimitedというものに手を出すようになりました。

そもそも楽天派だったので、アマゾンってもの自体があまり身近ではなかったのですけど、使い始めてみると、アフターサービスもしっかりしていて対応が気持ち良いんですよね。私みたいな右も左も分からないような素人にも、すっごく親身になって対応してくれるし。というわけで、今ではすっかりアマゾン派になりました。

 

 

Kindle Unlimitedは初月無料

Kindle Unlimitedって無料トライアルということで初月無料なんです。だから、初月だけ登録して読みたいものを読み、月が変わるまでに解約すればいいやって思って登録したんですよね。・・のはずなのに、なんだかんだ今月でKindle Unlimited歴半年になるところです。毎月読み放題書籍が追加されるので、やめるのはちょっともったいないかな?って思うんです。海外在住なので、日本から取り寄せることを考えると、月額980円というのはかなりお得に感じます。ちなみに、私はiPadで読んでいます。

 

本の紹介に挑戦してみます 

今回、Kindle Unlimited読み放題化をリクエストした本が無事読み放題化となったので、珍しく本の紹介をしてみようと思います。リクエストが通るだなんて全く期待していなかったのですが、きっと他の方からもリクエストが多かったのでしょうね。

紙媒体のものを日本から取り寄せずに、その場でさっと読みたいものをダウンロードして読める手軽さに大感激です。

 

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)

NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』から注目されたということで、ご存じの方も多いと思うのですが、奇跡のリンゴ 「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録です。

 

 

日本でベストセラーになったノンフィクションです。

絶対に不可能だと言われていた、リンゴの無農薬栽培を成し遂げた方のお話です。一説には、ニュートンやライト兄弟よりも偉大な発見をしたなんて言われているそうです。

 

書評的な感想 

私が惹かれたのは、彼の長きに渡る極貧生活や孤立を乗り越えた先にある話だということ。彼が簡単に成功を掴んだ人だったら、心を揺さぶられるようなことはなかったんじゃないかと思います。木村さんは本の中で「バカになればいい」だなんて簡単に言いますけど、数え切れないほどの経験値を積んだ人の言葉なので重みが全然違います。

自分自身、差別でカレッジを退学してしまって以来、希望を見失い、何となく生きていたんです。失意のどん底でした。このままじゃいけないって思いつつも、現状を打破するのには差別に立ち向かう以上の勇気と労力が必要で、言い訳を探してはやる前から諦めていました。

いくつも自己啓発本だとかビジネス本も読んだんですけどね、タイミングじゃなかったんだと思います。良い言葉を沢山文中で見つけるのですけど、全然心に響かず、スッと風のように通り抜けていくだけでした。

一方、この本は単なる好奇心から読み始めたのですけど、夢中で読みました。心に刻み込むために、良いところはドックイヤー(ふせん機能)をして再度読み返しました。そこからまた頑張ろう。やってみようっていう気にさせてもらえたので、とても感謝している本です。涙で読めないところもありました。感情的になりすぎてしまうのが私の悪いクセですが、そうして心の中を綺麗に洗い流してくれるのも、この本の良いところかと思います。ハイ、スッキリしました。

この秋から、私はまたスクーリングを開始することになりました。そういう気持ちにさせてくれたのは、やっぱりこの本の影響が一番あるんじゃないかなって思います。無気力で(もう日本に戻りたい・・・)とか、(あの時、日本の会社を辞めなければよかったなぁ・・)だなんて、ひたすら思っていた時期もあったのに、今は『前例はなかったら作るものだッ!』って思えるようになってしまったのだから不思議なものです。

もしもまた心の元気メーターが底をつき始めた時は、この本を読み返したいと思います。私も、台風でも落ちないリンゴになるための努力をしなくっちゃ!ってね。

 

魂を揺さぶられるほどの感動を久々に味わいました。いやぁ、本当に、Kindle Unlimitedでの読み放題化を実現してくれるだなんて、アマゾンさんグッジョブですよ。読み放題化されたことで、興味はなかったけど折角だから読んでみようかなって思う人も増えるでしょうしね。

 自分の仕事だとか今置かれている環境に置き換えても、学びと気づきが沢山ある素晴らしい良書だと思います。

 

すみません。こういうの書くの初めてなので、どう書けばよいのかわからないんですけど、少しでも本の良さが伝われば幸いです。 

以上、Kindle Unlimited読み放題化をリクエストした本がKindle Unlimited読み放題になったので、記念に書評的なものを書いてみました。

 

おまけ

一度検索しだすと抜け出せなくなってしまう私です・・・はふ

もう毎度毎度「これも好きなんじゃない?」って提案が出てくる度に、「ひーーーやめてくれぇぇぇーー」と己の物欲と戦っています。笑 

そうそう、Kindle Unlimitedにはマンガとか雑誌もあるんですよ。マンガ派ではないんですけど、手塚治虫のものとかもあるんで驚きでした。(読んだぜ)

毎月最低でも10冊は読めているので嬉しいです。

それと、ビットコイン入門という本を読んで、自分は手を出すのはやめておこうと思いました・・・。

アマゾンのKindle Unlimitedは、入ってくる日本情報が少ない私の海外生活に、鮮やかな彩りを与えてくれました。ありがたいですねぇ。