LIB - Life in Bloom

カナダと日本と韓国と、たまにオーストラリア。人生真っ盛りという意識で生活したい

お花摘み(別名おトイレ)事情。日本と韓国とカナダとLINC(移民者向け語学学校)

f:id:livingcanada:20170814111708j:plain

お花摘みの話。要するにおトイレの話です。汚い話が苦手な方はそっ閉じ推奨ね

 

 

日本のトイレ

年末に日本に行った時、日本のトイレの綺麗さにビビった。

うちは夫が韓国釜山出身で、九州まで近くて便利な場所に義実家がある。韓国に帰省する度に九州旅行も兼ねて行くことが多い。前回は、福岡・長崎・大分(由布院)だった。

普段、綺麗とはいえないカナダのトイレに慣れているので、どこでも綺麗さに圧倒されるんだけど、博多の某地下街のトイレはヤバイね。便所飯って言葉が生まれるのが理解できるくらい、清潔で居心地の良いトキメキ空間だった。もちろん夫とおまけでついてきた夫の親友も大興奮で、利用の度に感動していたな。

 

これが日本だよ。っとドヤ顔のわたしだった

 

韓国のトイレ事情 

韓国に住んでいた頃、トイレ事情の違いには衝撃を受けた。国も文化も違うのだから、住んでいる以上ある程度は受け入れるしか無いのに、なかなか慣れることができなかった。

韓国の水洗トイレは、高級とされるデパートのトイレでもない限り、水圧が弱くてトイレットペーパーが流れないことが多い。使用済みのトイレットペーパーは、便器のすぐ横にある巨大なゴミ箱に捨てないといけなかった。正確にはゴミ箱ではなく、使用済みのトイレットペーパー専用のボックスであるとのことだった。

だけど、使い方が汚い人が多いんだなコレが。もし男性が読んでいて、韓国美女への夢を壊してしまうといけないので細かいことを書くのは省略するけれど、釜山在住時は新世界デパートの中のトイレ以外は外では使わないことに決めていた。

 

 

 

カナダのトイレ事情

ところが、カナダはすごかった。

色んなものが捨てられていたり、汚れていたり。想像以上だと思う。だけどまぁ、水圧は強いので、トイレットペーパーは流すことができる。他にも、モール内だったら、最近はトイレも少しずつアップグレードしつつあるけど、それでもさすがに日本のようには綺麗とはいえない。

抗菌大国出身の私には、ウェットティッシュが必需品で、まずトイレに入ったら便座の掃除から始まる。もしくは、江戸時代の女性のように浮いて用事を済ませる。これ以外には諦めるという選択肢しかない。

 

カナダのLINCのトイレは最強

でもね、さらにもっとすごいところがあったの。

それはカナダのLINC(移民者向け語学学校)のトイレ。

一括りに”移民”と言っても、蓋を開けてみたら難民としてやってきた人も大勢いることを知った。文化も常識も国ごとどころか、部族ごとに違っていたりして。

トイレの中はとても使えるものではなかった。便座部分に、一周ぐるっとお小水によるものだと思われるものがかかっていたり、掃除後すぐでもないのに便器の下が水浸しになっていたり、どうしてこうなる?!っていう状態のトイレばっかり。数あるトイレが全滅だった時は、占いで自分の星座が最下位だった日並みにテンションが下がった。

 

しばらくして、理由を知った。

手を洗うところでティム・ホートン(カナダの格安コーヒーチェーン店)の紙コップを持っている人がいた。国籍は伏せるというか絞りきれないけど、ムスリム(イスラム教徒)の女性だった。トイレの順番を待っていたら、次から次へティム・ホートンの紙コップを持った人がやってくる。その中に、クラスメートがいたので、「なんでそれ持ってるの?」と聞いてみると、「洗うためだよ」と、さも当然のように彼女。質問をしたことが不思議であるようだった。

 

(何を洗うんだ!?)とは思ったけれど、当たり前のことであるように毅然として言われたので聞けず。

 

 

どうもこれは文化差であるらしい。

察するに、用を足した後、紙コップに溜めておいた水で洗ってから出てくるようだった。飛び散っている不可解な水はその時のモノ。綺麗にして出ていってはくれないようだ。そして、利用後の手洗いは、していく人として行かない人に別れる。

 

・・・!

 

抗菌大国出身のわたし、思わず一緒に並んでいたヨーロッパからのクラスメートと目を合わせ、互いに目を剥いた。そこに言葉は要らなかった。

 

洗面台にはハンドソープもあるし、手を乾かす用のドライヤーもあればハンドペーパーもある。それなのに嗚呼君たちは・・・

  

おわりに

カナダでLINCに通って以来、私の見聞は良くも悪くも広められた。広められたというより、無理やり開かれたといった感じに近いかもしれない。

韓国に住んでいた頃、なんで韓国はこうなの?おかしいだろ?と、日々凹み葛藤した。数カ月の間、突発性難聴になってしまうほどのストレスに悩んだ時期もあった。

 

それがLINCを知って以来、考えが変わったね。

韓国ってまだ良い方じゃん!なんて。今は考えを改めるようになった。

 

世界は広い・・・!