LIB

カナダと日本と韓国と、たまにオーストラリア。人生真っ盛りという意識で生活したい

セントパトリックス・デー

f:id:livingcanada:20170319071310p:plain

3月17日は、St Patrick's Day(セントパトリックス・デー)でした。 セントパトリックス・デーは、アイルランドにキリスト教を広めた聖人(Saint)パトリック(Patrick)の命日です。3月17日はカトリックの祭日であり、アイルランドの祝祭日でもあります。

 

 

緑色に染まる

f:id:livingcanada:20170319063903p:plain

 

毎年3月が近づくと、町にはクローバーをはじめ 緑色のグッズで溢れます。これはアイルランドのシンボルカラーが「緑」であるためで、セントパトリックス・デーには緑色の服を着て、緑色のアクセサリーをつけて、緑色の物を食べて、緑色の物を飲みます。

 

 

緑の洋服を着ていないとピンチされちゃうぞ

f:id:livingcanada:20170319064708p:plain

この日に緑の洋服を着ていないと、友達や知り合いなどからPinch(ピンチ)されちゃいます。(ツネられちゃいます)1700年代初頭から始まった伝統なんだそうですが、初めはそのことを知らず、アイルランド人の同僚から私もピンチされちゃいました。

 

三葉のクローバー

f:id:livingcanada:20170319063941p:plain

 

緑色のグッズが沢山街に並ぶ3月ですが、特によく見かけるのが三葉のクローバーのものです。これはセント・パトリックが、クローバーはキリスト教の最も重要な考えである<三位一体>を表していると唱えたからだと言われています。

 

f:id:livingcanada:20170319072016p:plain

 

三位一体

三位一体とは、読んで字の如く、「三つの存在が、一つにまとまっている」という意味で、構成要素は「父」、「子」、「聖霊」です。細かい解釈は宗派や国によって異なるようですが、父は父なる神(一神教の神、神父)、子はイエス・キリスト、神子、聖霊は神聖神のことを表しています。

 

 

各地でパレードが開催される

f:id:livingcanada:20170319064935p:plain

 

アイルランドから始まった祭日ですが、現在では世界中に広く知られた日となっています。カナダでも各地でパレードが行われますが、一番長く盛大にパレードが開催されるのはモントリオールだそうです。これはアイルランド系の祖先を持つ人が多いからだと言われています。

 日本でも1992年以降、アイルランド系のコミュニティーがパレードを行っているそうです。

 

おまけ

f:id:livingcanada:20170319065547p:plain

 

今年はアイリッシュパブで緑色のビールを飲んできました。

 

f:id:livingcanada:20170319063632p:plain

色が真緑で、日本人の私にはメロンソーダ―のように見えました。本物は画像よりもさらい濃い色をしています。味は少しビターな飲みやすいビールでした。

アイリッシュの伝統音楽のかかる店内は、全身緑色の服を着た人やワンポイントだけ緑をつけた人で溢れていました。

私はカーキ色系のアウターを来て出かけましたが、セントパトリックス・デー初体験の夫は、ピンチされたくないからと上下緑色を着てグリーンマンになっていました。芝生みたいでウケました。

楽しいお祭り騒ぎの夜でした。