読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIB - Life in Bloom

カナダ移民の雑記

アメトーークを観続ける=プレゼン能力がアップするって確信した

f:id:livingcanada:20170311170015p:plain

年収1,000万円以上のビジネスマンが、習慣的に観るテレビ番組があるそうです。 

 

何年か前に、どこかのサイトで統計の発表を見かけたんですけど、

 

1. アメトーーク

2. 笑点           なんだそうです。

 

多分何年か前に話題になったので、覚えてるって人もいるんじゃないでしょうか。

 素直な方なんで、これを見かけて以来、なるべくアメトーークを意識的に観るようにしてます。普通に好きで見てるってのもあるんですけどね。ふふ

あれから1年半くらいになると思います。アメトーークを観続けることは、プレゼン能力アップ(=評価アップ=収益とかアップの可能性)につながるって確信したんで、その話を書いてみることにしました。

 

誰にでも活かせる

  番組としての共通点は「トーク力」と「ユーモア力」が必要だということです。ビジネスで成功している人の多くは人前で話す機会が多くなるので、そのための「感覚を磨くのに良い」から観続けているという理由だったと思います。

でも、これって誰にでも共通していることで、生活の中でも色々と役に立つって思うんです。現在は無職(主婦)だから年収ゼロなんですけど、今の私にも役立っています。

  例えば街角での会話です。アメトーーク内で芸人さんが言ってたことを交えて話してみることで、知らない人とでもいきなり話が盛り上がれたりします。ユーモアは国境を超えるんだなって、不思議だけどくすぐったいような気持ちになりました。そこから「あなた仕事探してない?今知り合いが人探してるんだけど、デリで働かない?」って、言ってもらえたこともあります。結局その時は学校が忙しくてバイトはできなかったんですけど、コネクション第1の社会で、思わぬアメトーーク効果に感動したものです。

(土地柄もあるのでしょうが、外から(見知らぬ人)の応募からだとバイトでもなかなか入りずらいんです。景気悪化の関係もあって、私の住んでいる町だと、縁故以外の明らかな外国人だと採用されずらいようです。最低時給系であってもです。)

 

アメトーークの要素を盛り込んでプレゼン素材を作ったら評価が上がった

 少し前の話になるんですが、学生をしていた時の話です。こっちでの学生って「もーいい加減にしてくれ――!」ってくらい、しょっちゅうプレゼンテーションの機会があるんですよ。そりゃーもう2週に1、2回は大小のプレゼンがあるんで、英語が第1言語じゃない私は四六時中プレゼンのことばっかり考えてました。

そんなときアメトーークの存在がすっごく役に立ったんです。

英語自体は全然得意じゃないですし課題も多いのですが、それ自体は問題でないと感じました。結果、プレゼンテーションだけはいつもクラス内で成績上位をキープできるようになり、何なら今では「プレゼン好き」になりました。

 

ユーモア力は自分が思っている以上に大事

 プレゼンテーションって、学校の課題だけど聞くのは先生だけじゃないんです。自分は、面白いプレゼンや興味を持てるプレゼン内容なら、ガンガン聞きたいです。どうせならタメになったり、笑わせてくれる話が聞きたいです。ってことは、ほかのみんなも多分そう思ってるわけです。

 カナダでは「ユーモア力」が大切だと考えられていて、ごく真面目な話の中でさえもちょくちょくユーモアを入れてくる人が多いです。「プレゼンの良し悪しは出世を左右する」とかとも言われていたりするみたいですけど、たしかにTEDトークとかを観ても、印象に残っているものや評価の高いプレゼンって、ちょいちょい笑いの要素が入っている印象があります。そーいうの大好きだ!ってことで、自分のプレゼンの中にも笑える要素を少し盛り込んでみました。これが良かったみたいです。

1人で「瞬間的な再現」(ショートコントみたいなの)を入れてみたり、「これが日本ではこうなる」って話を入れてみたり、「失敗談」を大げさにして入れてみたりして、聞いてくれる人が飽きないように工夫しました。アメトーーク内で話していたことを、そのまま英語にしただけで使わせてもらったこともあります。

 

日本のジョークはわりと通じる

結構通じるんですよね、日本のジョーク。ウケることが段々と快感になってきました。とはいっても、お笑い芸人ではないので、ドッカンドッカン笑いが取れるわけではありません。そこまでふざけすぎているわけでも、狙いすぎているわけでもありません。たまにクスクス笑ってくれて、周りが好意的にプレゼンを見てくれることが大切でした。そうすることで、初めのうちはスマホを片手で触りながら聞いていた人も、最後には聞いてくれていたりして嬉しく思いました。プレゼンがきっかけで話しかけてくれた人もいます。

 

成果と評価が上がった

明らかに「成績・評価につながった」と感じました。自分の実力以上のスコアがもらえていたような気がします。発音にも課題が残るんですけど、今回はうまくプレゼンできたかも!って思った時は、発音の評価まで満点をもらえることもありました。不安の残る発音の評価が上がったことで、総合評価も底上げになり、ほぼ満点をもらえたりしました。

「小ネタを入れる」って案外大事なことみたいです。

そして、プレゼンのおかげで、先生やクラスメートから簡単に自分のことを覚えてもらえました。何か月も経ってから、いつかのプレゼンの話をしてくれる人もいました。

 

知らない人からコーヒーをおごってもらった

時には、プレゼンのおかげでこんなことがありました。見知らぬ他人なのに「あ、ポケモンゴーの人でしょ?」って、コーヒーをおごってもらったこともあったんです。彼女は違うクラスの生徒でしたが、それをきっかけにたまに話す中になりました。(この時のプレゼンに、時事ネタでポケモンゴーのシチュエーション+ちょい笑いを入れ込んだんです)それで、アメトーークは役に立つんだなぁーって改めて思いました。

 

私でも効果があるんだから、年収1,000万ある人にはもっと効果があるハズ

 人の共感が得られたり、記憶に残るプレゼンをすることが大事だなんてよく自己啓発本に書かれていたりするけど、あれって本当だと思います。一般人の私が、プレゼンの中にアメトーークの要素を少し盛り込んだだけで、知らない人から仕事の話がもらえたり、コーヒーがおごってもらえたりするんです。チャンスはどこに転がっているかわかりませんね。

それならば、年収1,000万円以上稼ぐビジネスマンが、大勢の前で話をする時にアメトーークの要素を盛り込めば効果は何倍にもなるでしょう。プレゼンが印象に残ったり好感度や親近感が得られたりして、次のビジネスチャンスを得られるのは当然だと思いました。

 

おわりに

 学校をやめて以来、実はアメトーークをしばらく観ていないんです。ユーチューブで観られるでしょうか。早速検索してみようと思います。もしプレゼンのスタイルに迷っているって人がいたら、是非ともアメトーークを観て下さい。間の取り方とかもすごく勉強になるのでおすすめです。

 あとは「場数」です。これだけはもう「習うより慣れろ」ってやつでどうしようもありません。すみません。自分も何十回もひやひやしながらプレゼンをし続けたからこそ、慣れもあってプレゼンが好きになれました。

 以上、アメトーークを観続ける=プレゼン能力がアップするって確信したって話でした。

 

【早期購入特典あり】アメトーーク! DVD 37・38・39 3巻セット(オリジナル着せ替えジャケット付)