LIB - Life in Bloom

カナダと日本と韓国と、たまにオーストラリア。人生真っ盛りという意識で生活したい

カナダ:住んでいる町で流行っているエクササイズとスポーツ

f:id:livingcanada:20170308164126j:plain定期的な運動ってしていますか?

北米では体重管理をすることは、例えるなら歯磨きや手洗い・うがいをするくらい大切なことだとされています。そのためには、食事療法だけでなく、運動もとても大切だと考えられています。 

 

 

はじめに

 日本では今どんなエクササイズが流行っているでしょうか。日本では流行の移り変わりがとても早いので、今日本に戻ったら完全に浦島太郎状態になってしまうんじゃないかなぁと思います。エアロビクスは今でもあるでしょうか。ヨガはパワーヨガが出てきたあたりで記憶が途絶えています。

反対に、北米ではどんなエクササイズがあるでしょう。今回は、私の住んでいる町で人気のあるスポーツについてご紹介します。

 

私の町では

 私の住んでいる町は、カナダの中でも大きな都市ではありません。家の前にはリスやウサギ、時にはスカンクもでてきます。

日本に住んでいたら想像もつかないかもしれませんが、カナダでは都市部とそうでないところとの差が結構大きく、流行が入ってくるのも数年遅いこともあります。

大都市では何年も前からあったBarre(バー)でさえ、ついこの間ようやく町に小さなスタジオができたような印象です。

ということで、カナダ全体からみると少し違うかもしれませんが、私の町に最近入ってきた話題性のあるものを紹介します。

 

定番スポーツとエクササイズ

ヨガやピラティスはカナダでも定番になってきています。

しかし私の町では、カルムやリラックスよりもアドレナリンを得ることができるようなスポーツが人気です。

 

例えば、

- スピニング - スタジオの中で音楽に合わせてエアロバイクを激しく漕ぐもの

- スノークライミング - 雪山の登山

- トレイルラン - 山を駆け上り、駆け降りる

- アイスホッケー

- ウエイトトレーニング&ランニングマシーン  

これらは常に大人気の定番エクササイズです。

 

アイスホッケーはこちらでは子供のお稽古としても人気があり、アイスホッケーファンのお父さんと一緒にプレーするという話をよく聞きます。日本で言う野球くらいメジャーなスポーツです。

 

ウエイトトレーニングは、男性だけではなく女性も当たり前のようにします。

こちらの女性はセックスシンボルになることを日々目指していますから、セクシーな体を目指すというのは当然の流れでのようです。そのためには、有酸素運動とともにウエイトトレーニングをすることも欠かせないのだそうです。減量よりも、ボディメイキングを重点におき、筋量を上げることに力を入れているように見えます。

初めの頃は、ジムへ行くと女性でもガンガン重そうなバーベルを上げていたりするのでかなり驚きました。

 

ボクシング

f:id:livingcanada:20170308165351j:plain

最近、やっとオシャレ目なボクシングのスタジオが私の町にもやってきました。

ホットで健康意識の高い、もしくはそうなりたい女性らが殺到しているようです。

キックボクシングなどは元々人気があったようですが、最近できてきたのは、ボディーメイキングを目的としたセクシーな体を作るためのプログラムがあるということで注目のスポットとなっています。

スタジオがガラス張りなので、たまに通りかかかるとつい覗き込んでしまいます。

 

 

クラヴ・マガ

f:id:livingcanada:20170308170511j:plain

クラヴ・マガ(Krav Maga)は、イスラエルの格闘技で護身用としてのエクササイズ発展したものなのだそうです。実戦に備えた護身術の動きは、とてもスピード感に溢れています。こちらも最近わが町に入ってきました。

クラヴ・マガもボクシングからの流れで激しいスポーツを好む人たちに人気があり、ストレス発散にとても良いのだそうです。

知り合いはこのエクササイズで全身あざだらけになっていましたが、笑顔で「楽しいよ」「ハマるよ」と言っていたので、一種の中毒性があるのかもしれません。

 

 

私のお気に入り

f:id:livingcanada:20170308172924j:plain

 私はアドレナリンよりもカルム派なので、ヨガベースのものか、雪と寒さで出ていけないこともあり、簡単な筋トレをすることが定番になっています。

他には、ユーチューブでダンス系エアロビクスを検索して踊ることも好きです。

 スポーツ系のユーチューブだと英語の勉強にもなりますし、もし意味が分からなくても何となく見ながらついていくこともできると思います。

日本とは身体作りのゴールが違うので、その作り方にも注目です。

例えば、「お尻を大きくする(=セクシー)」ための筋トレは鉄板だとされています。

 

 

おわりに

 いかがでしたか。北米では、日常的にエクササイズをすることがとても大切だと言われています。エクササイズをすることは、体重のコントロールにも、精神的な安定のためにも大切です。反対に、だらしない体を持つ人は出世ができないとさえ言われているほど、北米社会でのウエイトコントロールへの意識はシビアです。

自己管理ができない=仕事も当然できないと捉えられるのだそうです。

 運動はストレス発散にもなるので、どうにかちょっとしたスキマ時間だけでも定期的に行いたいものですね。最近運動不足なので、これを機にまた運動を始めないとなって思いました。