LIB - Life in Bloom

カナダと日本と韓国と、たまにオーストラリア。人生真っ盛りという意識で生活したい

オートロック用のフォブ(鍵)が使えなくなってしまいました ※追記あり

 

f:id:livingcanada:20170301183029j:plain

住んでいるコンドミニアムでエントランスを通るのに必要な、オートロック認証用のフォブ(鍵)が使えなくなってしまいました。

 

 

家に入れない

現在住んでいるコンドミニアムでは鍵が3種類あるのですが、2つがオートロック用、1つはアナログのものです。2つのオートロック用フォブのうち、エントランスを通るのに必要な方が使えなくなってしまいました。

 

 普段フォブを保管する場所は1つに決めてあります。現在無職かつ今の時期は半強制的な引きこもり状態(-18℃。最近一番酷かったのは-34℃。)になる日が多いので、なかなか使う機会がなくてフォブが無効になっていることには気がつきませんでした。

 ということで、出先から戻りエントランスを通ろうとフォブをかざしても反応がなく、扉が開かなくて焦りました。

 

 うちのコンドでは、明らかな知り合い住人以外を中へ迎え入れてはいけないという決まりがあるので、しばらくの間締め出しを食らってしまいました。というのも、少し前に外部からの侵入者を間違って通してしまうというトラブルがあったようです。以降、コンド内ではこの規定がさらに厳しくなりました。

 幸いフォブを持っていたことで事情を説明して中へ入ることができましたが、-18℃の中数十分も外で立ちっぱなしになってしまいました。

 

再プログラミングが必要

 管理室に問い合わせると、「磁気機能がなくなったのでコードの再プログラミングが必要」だと言われました。フォブが動かなくなった経験は過去になかったので、この返答にはとても驚きました。

 磁気のある物の近くには置いていなかったと思うのですが、何か良くない物が近くに置いてあったのかしら。

 

 管理室にプログラマーさんへ連絡を取るように言われたので、すぐにコンタクトを取りました。

 彼曰く、フォブの再プログラミングのために必要なので、「フォブに刻印されているナンバーを教えて」と言われたのですが数字がどこにも見当たりません。フォブの写真をリクエストされたので撮って送ってみたのですが、やはり相手も読み取れなかったようです。夫のフォブに記載されている数字は見えるのですが、同じ号室用のフォブでもナンバーが全く違うとのことで、結局「直接会ってフォブを見せてくれ」と言われました。

 それにしても、フォブ内がプログラミングでできているだなんてことを知らなかったので不思議に思いました。

 

プログラマーさんは只今バケーション中

 しかし、すぐには会えないということで、結局フォブはまだ直してもらえていません。

 現在そのプログラマーさんはバケーションに出かけているのだそうです。なのでしばらくは1人で帰宅する度に、住人の誰かに都度状況を説明して中へ入れてもらわないといけません。

 

 幸い無職で引きこもり状態ですからフォブの使用頻度は高くないですし、彼にも気分転換は大切なことだと思うので、帰ってくるまで気長に待とうと思っています。むしろ、バケーション中なのに、問い合わせに応対してくれたことに驚いてしまいました。

 

 カナダでは全体的に何でものんびりです。初めの頃はイライラすることも多かったのですが、海外生活では気持ちが大らかにすることがカギなので少しずつ慣れるように努力しています。これから海外生活するのを考えている方は、こんなようなことはよくあることなので参考になれば幸いです。

 3月中旬ごろまでには直ると良いのですけどね。

 

追記:フォブなおりました

 フォブが使えなくなってしまってから約1週間、無事にバケーションから戻ったプログラマーさんと会えました。コンドミニアム内のロビーで待ち合わせをして、フォブを彼に手渡し、たった5分程度で再プログラミングしてもらえました。

 きちんとエントランス扉が反応してくれるようになり、無事にこの問題は解決です。それにしてもこんなに簡単に直るんですね。プログラマーさんってすごい。