読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIB

カナダと日本と韓国と、たまにオーストラリア。人生真っ盛りという意識で生活したい

乾燥するカナダでの乾燥対策

f:id:livingcanada:20170225145027j:plain

 現在住んでいる高原地帯は、いくら保湿をしても足りないというほど空気が乾燥しています。どれくらい酷いのかというと、何もしないでいると乾燥で鼻の中が痛くなることがあり、就寝時に鼻や喉の痛みで夜中に目が覚めてしまうほどです。また、時には極度の乾燥が原因で、鼻をこすった時に鼻血がでてくることさえあります。乾燥しすぎているために、粘膜を傷つけてしまうようです。ということで、乾燥対策はマストケアなのです。

加湿器

 室内でのお手軽な乾燥対策としては、加湿器の利用が良いでしょう。極度の乾燥から鼻の中の粘膜をやられたりして風邪をひいてしまわないためにも、室内の湿度をある程度保つことがとても大切です。私の住んでいる町では、各部屋に1台加湿器を持っている家も少なくありません。

 

先代の物を処分したので、新しくVICKS(ヴィックス)の加湿器を買いました。

 f:id:livingcanada:20170225034254j:image

VICKS ヴィックス プロジェクター付 気化式加湿器 V3700[並行輸入]

 ヴィックスといえば、エヘン虫をやっつけてくれるのど飴のイメージしかなかったのですが、カナダでは加湿器がとてもメジャーだということを教えてもらいました。

 新しい加湿器を買おうと考え調べたり人に聞いたりしていた時に、知り合いが数人ヴィックスの加湿器をお薦めしてくれたのです。

 当初の予定では、スタイリッシュなものかガッチリしたものを購入しようと考えていたのですが、北米メーカーでスタイリッシュなものは機能面が弱く、ガッチリしたものは「音が大きくて車のエンジン音ほどの音がするので寝られないよ」という話を何件か聞いたので、結局シンプルなものを選びました。

 これで正解だったと思っています。見ての通り、とてもシンプルな作りでわりと静かに動いてくれています。また、丸洗いできるという点もプラス要素です。

  ちなみに、私の住んでいる町では日本メーカーの加湿器は見かけないように感じます。需要は間違いなくあるのですが、輸入品となってしまうので恐ろしい販売価格になってしまうからだと思います。 

 

クリーム

グリソメドハンドクリームN(カモミール) 50mL

手や足のかかとなどにクリームを塗ることはカナダでも定番になっています。

ニベアやこのGLYSOMED(グリソメド)を大量購入して、気兼ねなく思いっきり使っているという人をよく見かけます。特にグリソメドは、美肌にうるさい韓国のCAが海外フライトの帰りに必ず買うものとして話題になりました。

 他にはロクシタンなどもメジャーですが、高級品という扱いになるのであまり外では使わないように何となく気を付けています。

 

ミストスプレー

町に来たばかりの頃、化粧品売り場の店員さんに質問したところ、「化粧水・乳液かクリームの後、ミストスプレーをするといいわよ」と教えてもらいました。その場で、薦められたアベンヌのミストスプレーを購入し、以降利用しています。アベンヌは定番品ですし、安定のアベンヌといったところでしょうか。

 使用頻度を質問したところ、「日に100回でもいいのよ。常に潤いを保ち続けて。ここは特殊な場所だから。」と言っていました。日に100回だなんて笑ってしまいましたが、おちゃめなカナダ人のアドバイス通り乾燥が気になったらミストスプレーを顔に吹きかけるようにしています。乾燥はシワの原因ですもの。気を付けないといけませんよね。

 

ココナッツオイル

ヌティバ(Nutiva) オーガニック エキストラバージン ココナッツオイル 444ml [並行輸入品]

 ココナッツオイルの利用も定番になりつつあります。自分も鼻の中が乾燥で痛くなるほど湿度が下がったら、ココナッツオイルを鼻の粘膜に塗って外出します。匂いが平気であれば、体に優しい乾燥対策でおすすめです。

 ココナッツオイルはオイルポリング用として使ってきましたが、料理にももちろん使えますし、同じく乾燥対策として髪の毛先につけても良いようです。思ったよりも使える回数が多いので、常に家に常備しています。

 

 同じオイル系というところでは、ワセリンを使用している人も非常に多いように感じます。カナダでは375gもある大容量の物を買って、ガンガン使う派の人がいます。さすがに、カバンの中から大きなワセリンが飛び出しているのを見た時は驚きましたけどね。

 

外でマスクをするのをするのはNG

 カナダではマスクをして歩くと、重病か感染病患者だと思われるのでかなり嫌がられてしまいます。沢山使い捨てのマスクを持っているのですが、そんな経験があるので今では外出時には使わなくなりました。

 それではいつ使うのかというと、乾燥が酷い夜の就寝時か風邪気味の時に家の中での乾燥対策としてのみ使用しています。

 いくら体調が悪くても、マスクは外して外出するだなんて不思議で仕方のないことでしょう。しかし、マスクをして出て行くと、知らない人から一日中ジロジロ見られますし、”マスクをすることの意味のなさ”について延々と語られるなんていう経験もあります。以降、マスクは外して出かけることが良いのだと納得しました。

 私としては、マスクをすると安心感が得られるというのも理由の1つなのですが、郷に入れば郷に従えで、マスクはなしで堂々と外出するようになりました。

 

おわりに

 カナダ高原地帯での生活は、年中乾燥との戦いと言っても過言ではありません。潤いを逃さないようにして、病気知らずで生活したいものですね。