LIB

カナダと日本と韓国と、たまにオーストラリア。人生真っ盛りという意識で生活したい

プロフィール

f:id:livingcanada:20170325070534j:image

 

当ブログへ遊びに来て下さりありがとうございます。

ブログ管理人のアリーナと申します。 

 

プロフィール

地元大好き

日本が大好きで、地元から一度も離れたことがないほど地元を愛していました。海外への興味や憧れも一切なく、まさかカナダで英語生活を送る日が来るとは夢にでも思っていませんでした。平凡な生活を送り、普通の結婚をして、一生地元で暮らすと信じてやまなかったのです。 英語への興味もゼロどころかマイナスで、どちらかというと毛嫌いしていました。

 

転機

ところが、当時働いていた会社を退職することに決めました。年齢的なこともありましたが、ある日会社へ通訳に来ていた女性の姿を見かけたことから、考えが180度変わったのです。今まで英語に全く興味がなかったので自分でもとても不思議でしたが、このことを一番のキッカケとして、今まで興味ゼロ以下であった海外へ急に行ってみたいと思うようになりました。

 

オーストラリアへ

当時結婚を考えていた彼には、当然反対されて別れることになりました。しかし、なぜかスッキリとした気持ちで、オーストラリアへ1年間のワーキングホリデーへ行くことに決めました。結婚適齢期での渡航は親や周りからの反対もありましたが、「人生一度っきり」という言葉を胸に、全てを捨てて海外に飛び出しました。

ワーホリ中は、「ワーホリにはいないタイプ」だと周りからずっと言われていました。良くも悪くも自分は異色の存在であったようです。

 

韓国で生活

オーストラリアの後は、夫(当時の彼)の国である韓国で生活しました。「郷に入れば郷に従え」の精神で生活することに挑戦してみましたが、私にはどうしてもあの国での暮らしは合いませんでした。

○韓国に住んで良かったこと:

「韓国的美容知識」と「漢方的な考え」に詳しくなったことです。これは現在の生活の知恵にもなっているので、感謝している部分です。

×韓国に住んで良くなかったこと:

韓国滞在中は、お腹を崩しっぱなしで咳も止まりませんでした。また、ストレスによる突発性難聴が癖になってきたのでいよいよヤバいと感じ、肌に合わない土地が存在するということを身を持って知りました。

今でも仲良くしてくれているオーストラリアで出会った韓国女子の友達もいるので、反韓とかっていうわけではありません。ただ私には合わなかったのです。旅行でならまた遊びに行っても良いと思っています。

話し合いの結果:

二人にとって第三国であるカナダへ移民をしようという決意に至りました。永住権取得に挑戦することになったのは「私」です。日本人+女性である方が有利だと何となく思ったので、自分から名乗りを上げました。

  

カナダでPNPプログラムにて永住権取得

その後紆余曲折を経て、数年後にカナダでPNP(州推薦プログラム)にてカナダ永住権を申請し、無事に取得することができました。

 

その後もカナダと韓国を行ったり来たり

永住権取得後は形式だけですが現在の夫と結婚し、当初の目標通り彼のビザも出してあげることができました。

彼の結婚ビザが降りるまで、またしても韓国で過ごしました。働きすぎて体調を崩してしまったというタイミングもありました。自分が考えている以上に夫のことが恋しかったのだと思います。というわけで、カナダと韓国を行ったり来たりしているので、カナダ連続在住歴は約2年半と短いです。(合計だと4年半くらい)

永住権はつい最近更新しましたが、更新可能期間ギリギリを彼の国である韓国で過ごしました。

 

現在

 夫と2年近くもの超遠距離恋愛を経て結婚し、同じく超遠距離結婚も経験した後に、現在はやっとカナダで二人一緒に暮らすことができています。

カナダでも想定外なことは色々起こりますし、その度に出費もかさみます。おまけに現在私は無職です。それなのに生活費の高いカナダ生活ではありますが、人との付き合い方だったり、働き方だったり、プライベートな時間との向き合い方が私には合っていると感じるので、カナダに移住して良かったと思っています。

また、韓国生活の中ですっかり韓国への苦手意識を持ってしまった私ですが、カナダで出会う韓国人は比較的良い印象の人が多く、「やっぱり環境が人を作るんだなぁ」と感じる日々です。

  

簡易版プロフィール

名前:アリーナ

性別:女

職種:海外に出てからはホスピタリティー。今の町では学生か無職&主婦

英語力:大学に入れるか入れないかのボーダーライン(ついてはいけないレベル)

韓国語力:ほとんどなし。簡単なことなら理解はできるけど話せない。興味もない

在住ヒストリー:日本→オーストラリア(田舎町)→韓国(ソウル)→カナダ(西海岸)→韓国(ソウル)→カナダ(西海岸)→韓国(釜山)→カナダ(田舎町)

趣味:調べもの、ブログ、カフェ巡り、泳ぐこと

興味のあること:怪しい健康法、美容、漢方、自力骨盤矯正、雑記、ブログ運営など

好きなもの:海、プールで泳ぐ、東洋医学の考え、塩風呂、おしゃべり、カラオケ、不思議なこと、戦国~江戸時代初期、ドラクエ

 

ブログについて

 このブログ「LIB」は、管理人「アリーナ」が趣味で書いている雑記ブログです。特にジャンルを限定することなく書いていますが、今のところ私(アリーナ)の海外生活を通しての生活話や経験、新しく学んだことについての記事を主なコンテンツとしてゆきたいと考えております。

アクセス解析ツールについて

 当サイトでは、アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。

 

免責事項

ブログ記事の内容について

 記事の内容は正確な情報を書けるように努めていますが、情報の正確性・信頼性を保証するものではありません。

当ブログの内容を元にした行動によりおきた損害・損失について、管理人は一切の責任を負いかねますので、自己責任のもとで行ってください。予めご了承下さい。

記事内容の変更・修正について

 記事の内容は予告なく、変更・修正されます。予めご了承ください。

外部リンクについて

 当ブログには外部サイトへのリンクが含まれています。意図して危険なサイト等へのリンクを載せる事はありませんが、リンク先の安全性や信頼性を保証するものではありません。リンク先のサイトでおきた問題について、管理人は一切の責任を負いかねます。自己責任の元でご使用ください。  

 

プライバシーポリシー

▼広告の配信について 当サイトはGoogle及びGoogleのパートナー(第三者配信事業者)の提供する広告を設置しております。その広告配信にはCookieを使用し、当サイトへの過去のアクセス情報に基づいて広告を配信します。

DoubleClick Cookie を使用することにより、GoogleやGoogleのパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいて、適切な広告を当サイト上でお客様に表示できます。

お客様は下記のGoogleアカウントの広告設定ページで、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される DoubleClick Cookie を無効にできます。また aboutads.info のページにアクセスして頂き、インタレスト ベースでの広告掲載に使用される第三者配信事業者のCookieを無効にできます。

その他、Googleの広告におけるCookieの取り扱い詳細については、Googleのポリシーと規約ページをご覧ください。

 

広告・アフィリエイトプログラムについて

Amazonアソシエイトリンクについて

 当ブログ「LIB」は、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 これらのアフィリエイトプログラムによるリンク先の商品・サービス等は、当ブログが管理・運営しているものではありません。商品の購入・使用等に際してのトラブルについては各店舗・サービス提供元にお問い合わせください。

 

ほしいものリスト

そのうち、こっそり