読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LIB - Life in Bloom

カナダ移民の雑記

はてなブログを始めてから1か月経ちました。試行錯誤中です。やってみたこと・学んだことなど。アメブロとの違いも。

f:id:livingcanada:20170326130741p:plain

2月24日にはてなブログを始めてから約1か月が経ちました。現在試行錯誤中です。

見た時のカウンターでは、今までの1か月で7,282PVあったみたいです。(スミマセン。カナダ時間でもすぐに書かなかったので日にちがズレています。)

信じられないことですがとてもありがたいことです(*'▽')

 

続きを読む

<Pro移行挫折>ドメイン&サーバーを得るにはネット知識ゼロで海外クレカ使いにはハードル高すぎ

f:id:livingcanada:20170323183016p:plain

 

タイトルのままです。

 

はてなProに移行して

ドメイン&サーバーを得るには

ネット知識ゼロで海外クレカ使いには

ハードルが高すぎて挫折しました。

続きを読む

すぐに行けるラーメン屋がないので自分で作ってみた

あぁーラーメン食べたい。

そう思ったら、すぐに出かけられるお店が

近所に1つはあるんじゃないでしょうか。

 

羨ましいです!

 

私の住んでいる町には、選べるほどお店がなく、

ラーメン屋さんもほとんどないんですよ。

続きを読む

ブルガリア人の友達の家でブルガリア料理バニッツァ作り<レシピあり>

f:id:livingcanada:20170320034116j:image

移民向けの語学学校に通っていた時に出会った、ブルガリア人の友達と久々に会ってきました。彼女とはクラスがずっと一緒で、授業パートナーになったことをキッカケに仲良くなれました。真面目で物静かで恥ずかしがり屋な彼女は、見た目を除けば日本人みたいなところが多々あって、親近感を感じるし付き合いやすいんです。

続きを読む

海外で売られている最先端のKOMBUCHAはKOMBUCHA-JUNだー

f:id:livingcanada:20170303122214p:plain

 KOMBUCHAと書かれた飲み物を見かけることがあるので気になっていましたが、海外で売られているKOMBUCHAは、我々の知っている昆布茶ではないそうです。何年も前から店頭で見かけるのにもかかわらず、恥ずかしながらつい最近まで知りませんでした。

続きを読む

折角入ったカレッジを差別が原因でたった10日で辞めた話 4/4<完結>

f:id:livingcanada:20170317112045p:plain

 

はじめに

前回までの記事で、一部誤解があったようのでここで付け加えさせてください。

これはあくまで個人の体験であり、カナダの中でも極めて特殊な土地柄で起こったことです。他記事内でも書いておりますが、西海岸に住んでいた頃はこのような体験をしたことはありません。

また、現在住んでいる土地であっても、カナダ人の知り合いや付き合いのある人たちもいますし、外国人へ対して理解のある人々ももちろんいます。この土地に住んでいる人全員が、そうではないということを踏まえて読んでくださると幸いです。

当方の文章力がないために、誤解を与えてしまった方々にお詫びします。

 

以下、ご理解いただける方のみ読んでいただけると嬉しいです。 

 

続きを読む

折角入ったカレッジを差別が原因でたった10日で辞めた話 2/4

f:id:livingcanada:20170316135432p:plain

 翌日から早速授業が始まりました。技術系の学校だったので、カリキュラムは座学と技術が半々でした。さらに習った技術を実際に使うことで技量を披露(テスト)するために、しょっちゅう外から自分で人を呼ばないといけませんでした。1つ何かを習うと、次の日は必ずクイズと言われる小テストがあり、同じように、必ず人を呼んでの技術テストもありました。

続きを読む

折角入ったカレッジを差別が原因でたった10日で辞めた話 1/4

f:id:livingcanada:20170316135326p:plain

私は現在永住権を取得してカナダに住んでいます。以前は西海岸の方に住んでいましたが、今は違う土地にいます。夫の仕事の関係です。ここはカナダのテキサスといわれるような、カナダの中でも差別感情の強い地域であるそうです。

続きを読む

小麦粉はなるべく避けないとねぇーby ドクター

「小麦粉はなるべく避けないとねぇー」

f:id:livingcanada:20170315022855p:plain

これはカナダで、ウェルネスセンターのドクターに言われたことです。ドクターはユーモアに長けた人で、いつも冗談ばかり言っていましたが、この時も少し冗談混じりの明るいトーンで語っていました。

続きを読む