LIB - Life in Bloom

カナダと韓国と、たま~にオーストラリア。人生真っ盛りという意識で生活したい

使い方を間違っちゃう言葉

f:id:livingcanada:20180421020648j:plain

なーんかわかんないけど、知ってるはずなのに使い方を間違っちゃう言葉が沢山ある。

正しい日本語の表現は日々忘れつつあり、学んでいる英語も微妙な定義を理解したまま使っていたりするので、そういうところから勘違いがやって来るんだと思う。

 

外国人相手に方言

最近の日本語使いだったらこれ。

私:「もうっ。〇〇しんで~!」

夫が韓国人で標準語しかわからないのに、つい方言を使って話してしまったところ、夫は深く傷ついた。

夫:「死んで?そんなにオレのこと嫌いなの?ひどい~。死んで~って・・・」

(ΦωΦ)!!!

しんで は しないで っていう意味で、イントネーションもしんで↑

ということで私の中では全然違う単語なんだけど、説明したところでしばらく立ち直れない様子だった。

ゴメン、夫。

 

パッと思い出したのが良い例ではないな。

でも、たしかに外国人相手に方言使うってのは私が悪かったから、間違った使い方って言えると思う。これは地元の友だちとの会話のみ使うべきだったと反省。

 

発音の似ているっぽい英語

英語だと使い方を間違えるだとか、理解していた意味と違うってことは結構ある。

例えばこの単語。

Desire(強くのぞむ)とDisaster(災害)。

この2つって全然意味も違うのに、なぜだか頭の中でごっちゃになってしまいがちで。

しゃべる時に「まーDesireがあればサ」って言おうとして、

「まーDisasterがあればサ」って笑顔で言いかけちゃったりする。

これって本当にDisasterだーっ。

 

食べ物1ーブタ

あとは食べ物ね。

来たばかりの頃の話。

f:id:livingcanada:20180421020457j:plain

西海岸で働いていた時にいつか同僚と食べ物の話をして、

「わたしPigはあんま好きじゃないんだよね。脂っぽいし」と答える。

一瞬固まったアイルランド人の同僚。

「きゃきゃきゃ。それを言うならPorkね。Pigは生き物で、食べるお肉になったらPork。すっごいワイルドにポークを追いかけ回す姿を想像しちゃったじゃないのよ~」と一転して大爆笑。

Porkって単語は当然知ってるはずだったけど、咄嗟に出てこなくて恥ずかしかった。

ジャッキーはめっちゃ笑ってくれたから、今となっちゃー楽しい思い出でもあるけれど。

 

食べ物2ートリ

しかし、ところ変わってこちらでも同じような問題が起こった。

これもこの土地に来たばかりの話。

「やっぱダイエットにはトリの胸肉じゃない?」って言おうとして、

「やっぱダイエットにはチェストじゃない?」と言って友を固まらせて、

「え、ブレストのこと?」と彼女を笑いの渦へ。

チェストって、なんかムキムキマッチョな感じなんだってさ。

 

食べ物3ートリ2

f:id:livingcanada:20180421020537j:plain

こちらはまた違う日の食べ物トーク。

チキンブレストを買いに行った話をしていて、

「そのチキンすっごい肉厚でさー」って言おうとして、

「そのチキンすっごいバスティー(オッ◯イちゃん)でさー」と発言。

英語圏からやってきた男の子にそんな話をしてしまって、顔から火が出そうやったわ。

あ、顔から火が出そうだったのは彼ね。

巨乳な鶏を想像して、顔を真っ赤にして笑ってた。

はっはっはー。

#Meetooって訴えられなくってよかったぜ。

 

俺氏、日本語で友達と会話する時はツッコミ的な役割をすることが多いような気がするけど、英語だとひたすらボケ担当な模様。

 

恥をかけば記憶が強烈に残るので、その分英語力は毎度向上していると思うけど。笑

 

また思い出したらパート2書きます。

ではではー